ダウンロードリスト

プロジェクト概要

4MLinuxは、4つの機能に焦点を当てた小型のLinuxディストリビューションです:保守(システムレスキューライブCDとしてそれを使用することによって)、マルチメディア(例えば、ビデオDVDを再生するため)、ミニサーバー(inetdデーモンを使用して)、ミステリー(コンソールゲームを意味する)。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2013-01-14 04:26
5.1 Core

これは、4MLinux のコア システム (約 5 MB のサイズ) です 5.1 シリーズ。システムが含まれています: Linux 3.7.1、glibc 2.15 と Busybox 1.20.2。すべての 4MLinux フェドーラ 17 (x 86/32-ビット/SMP) GNU コンパイラ コレクション 4.7.0 を下 5.1 アプリケーションがコンパイルされました。
This is a core system (about 5 MB in size) for the 4MLinux 5.1 series. The system includes: Linux 3.7.1, glibc 2.15, and Busybox 1.20.2. All 4MLinux 5.1 applications have been compiled under Fedora 17 (x86/32-bit/SMP) with GNU Compiler Collection 4.7.0.

2013-01-08 08:31
5.0 Allinone Edition FINAL

これ 4MLinux の最終的な (安定) リリースです 5.0。それは 4MLinux に含まれるすべての機能を持っています 5.0 救助版、4MLinux 5.0 メディア版、4MLinux 5.0 サーバーのエディション、および 4MLinux 5.0 版ゲーム。
This is the final (stable) release of 4MLinux 5.0. It has all the features included in 4MLinux 5.0 Rescue Edition, 4MLinux 5.0 Media Edition, 4MLinux 5.0 Server Edition, and 4MLinux 5.0 Game Edition.

2012-12-31 04:13
5.0 Game Edition

これは、4MLinux の更新バージョンは 4.1 ゲーム版、4MLinux を使用して 5.0 コア システムとして。4MLinux コレクションを含む、他のものの間では、次の項目: 古典的な「撃ち合い」ゲーム (虐待、ドゥーム、異端者 Hexen、および地震) liero は (リアルタイム「ワームのような」ゲーム)、Lincity (建設・経営シミュレーション ゲーム)、マイケル斑点 (SDL ライブラリを使用) LGames、DOSBox 0.74 といくつかフリーウェアの DOS ゲーム。ec64 (コモドール C64 エミュレーター) も利用可能です。
This is an updated version of 4MLinux 4.1 Game Edition, using 4MLinux 5.0 as the core system. The 4MLinux collection includes, among other things, the following items: classic "shoot'em up" games (Abuse, Doom, Heretic, Hexen, and Quake), Liero (a real-time "Worms-like" game), Lincity (a construction and management simulation game), Michael Speck's LGames (using SDL libraries), and DOSBox 0.74 with some Freeware DOS games. ec64 (a Commodore C64 emulator) is also available.

2012-12-27 09:54
5.0 Server Edition

Inetd デーモンによって制御サーバになりました: FTP (vsftpd 3.0.2)、HTTP (Busybox 1.20.2) (経由 Stunnel 3.22) HTTPS SFTP (OpenSSH 6.1p1)、SSH (Dropbear 2012.55)、Telnet が。プロキシ サーバー (Polipo 1.0.4.1 Tor 0.2.3.25 と) と、rdesktop 1.7.1 をご利用いただけます。プログラミング環境には、CGI 版の PHP 5.4.10、最小限バージョンの Perl 5.16.2、および SQLite 3.7.15 が含まれています。主要なセキュリティ コンポーネント 4MLinux ファイアウォール (iptables 1.4.16.3 に基づいて) 5.0 は、ハマグリのウイルス対策 0.97.6。オンライン デモ (server.4mLinux.com) もあります。
The servers controlled by the inetd daemon are now: FTP (vsftpd 3.0.2),
HTTP (Busybox 1.20.2) with HTTPS (via Stunnel 3.22),
SFTP (OpenSSH 6.1p1 ),
SSH (Dropbear 2012.55),
and Telnet.

A proxy server (Polipo 1.0.4.1 with Tor 0.2.3.25) and rdesktop 1.7.1 are also available.

The programming environment includes the CGI version of PHP 5.4.10,
the minimal version of
Perl 5.16.2,
and SQLite 3.7.15.

The main security components are 4MLinux Firewall 5.0 (based on iptables 1.4.16.3) and Clam
AntiVirus 0.97.6.

There is an online demo (server.4mLinux.com), too.

2012-12-21 06:35
5.0 Media Edition

これは、4MLinux の更新バージョンは 4.1 メディア版、4MLinux を使用して 5.0 コア システムとして。それは、アプリケーション (xine 1.2.2、timidity++ 2.14.0 MikMod 3.2.2 MPlayer SVN-r35233-4.7.0) を再生、レコーディング (Audacity 2.0.2、SoX 14.4.0) およびメディア (cdrkit 1.1.11、MEncoder SVN r35233 4.7.0、FFmpeg Git 2012.10.26) リッピングのための広いセットを持っています。Xpdf 3.0.3 XPaint 2.9.9 も含まれます。
This is an updated version of 4MLinux 4.1 Media Edition, using 4MLinux 5.0 as a core system. It has a wide set of applications for playing (MPlayer SVN-r35233-4.7.0, xine 1.2.2, TiMidity++ 2.14.0, MikMod 3.2.2), recording (Audacity 2.0.2, SoX 14.4.0), and ripping media (cdrkit 1.1.11, MEncoder SVN-r35233-4.7.0, FFmpeg Git-2012.10.26). Xpdf 3.0.3 and XPaint 2.9.9 are also included.

プロジェクトリソース