ダウンロードリスト

プロジェクト概要

4MLinuxは、4つの機能に焦点を当てた小型のLinuxディストリビューションです:保守(システムレスキューライブCDとしてそれを使用することによって)、マルチメディア(例えば、ビデオDVDを再生するため)、ミニサーバー(inetdデーモンを使用して)、ミステリー(コンソールゲームを意味する)。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2013-02-15 08:19
5.1 Multiboot Edition

このリリースは、次のシステムのネットワーク インストールを行うことができますマルチブート CD の形式で頒布される: Ubuntu 12.10 Slackware 14.0、Fedora 18 Debian 6.06。それはまた 4MLinux を起動することが可能です (データのバックアップ、ディスクのパーティション分割とのような実行する) これらのシステムのインストールを準備する 5.1。
This release is distributed in the form of a multiboot CD,
which allows you to make network
installations of the following systems: Debian 6.06,
Fedora 18,
Slackware 14.0,
and Ubuntu 12.10.

It is also possible to boot 4MLinux 5.1 to prepare the installation of these systems (by
performing data backup,
disk partitioning,
and the like).

2013-02-11 02:01
5.1 Rescue Edition

これは 4MLinux を使用して、更新されたバージョン 5.1 コア システムとして。主な用途: X ファイル エクスプ ローラー 1.33、真夜中の司令官 4.8.1.6、4MLinux バックアップ スクリプト 5.1、Partimage 0.6.9、Partclone 0.2.48、TestDisk 6.13、GNU ddrescue 1.16、GNU Parted 3.1、ハマグリのウイルス対策 0.97.6、7-Zip の 9.20、UNetbootin 583 と遜色 0.53。サポートされているファイルシステム: btrfs は、ext2、ext3、ext4、脂肪、HFS、HFS +、jfs、Minix、NTFS、ReiserFS、および XFS。
This is an updated version using 4MLinux 5.1 as a core system. The main applications are: X File Explorer 1.33, Midnight Commander 4.8.1.6, 4MLinux Backup Scripts 5.1, Partimage 0.6.9, Partclone 0.2.48, TestDisk 6.13, GNU ddrescue 1.16, GNU Parted 3.1, Clam AntiVirus 0.97.6, 7-Zip 9.20, UNetbootin 583, and InfraRecorder 0.53. The supported filesystems are: btrfs, ext2, ext3, ext4, FAT, HFS, HFS+, jfs, Minix, NTFS, ReiserFS, and XFS.

2013-02-04 03:46
5.1 STABLE

このリリースは 4MLinux と同じ機能があります 5.1 ベータ版 4MLinux Allinone 版への自動アップグレードの追加の可能性を。2 つのバージョンをダウンロードして入手可能です: 4MLinux-5.1.iso (と 256 MB の RAM が必要ですは、GUI) と 4MLinux-5.1-installer.iso (と 128 MB の RAM が必要です TUI)。両方のバージョンをハード ディスクにインストールされている (でき後で 4MLinux Allinone 版には、必要に応じて更新)。自動ダウンロードといくつか (オペラ 12.13、LibreOffice 3.6.5、パーティション ウィザード 7.6 など) の追加コンポーネントのインストールも可能です。
This release has the same features as 4MLinux 5.1 BETA with the additional possibility of a fully automatic upgrade to 4MLinux Allinone Edition. There are two versions available to download: 4MLinux-5.1.iso (with a GUI that requires 256MB of RAM) and 4MLinux-5.1-installer.iso (with a TUI that requires 128MB of RAM). Both versions can be installed to a hard disk (and later updated to 4MLinux Allinone Edition, if desired). Automatic downloading and installing of some additional components (e.g. Opera 12.13, LibreOffice 3.6.5, and Partition Wizard 7.6) is also possible.

2013-01-24 22:54
5.1 Allinone Edition BETA

このリリースは、最新の安定したワイン (1.4.1) が含まれています、フルスクリーンの Flash 動画 (YouTube) などから多くのインテル、NVIDIA と AMD のビデオ カードの最新の安定した Firefox (18.0.1) で開くことができます。WinSCP 5.1.3、XChat 2.8.9、および 7-Zip の 9.20 も含まれています。
This release includes the newest stable Wine (1.4.1) and can open full-screen Flash videos (e.g. from YouTube) in the newest stable Firefox (18.0.1) on many Intel, NVIDIA, and AMD video cards. WinSCP 5.1.3, XChat 2.8.9, and 7-Zip 9.20 are also included.

2013-01-17 19:53
5.1 BETA

このリリースでの主な機能は、メンテナンス (4MLinux バックアップ スクリプト 5.1 とハマグリのウイルス対策 0.97.6)、マルチ メディア (MPlayer SVN r35564 4.7.0 と FFmpeg Git 2012.12.02)、ミニ サーバー (FTP、HTTP、SSH、SFTP、および Telnet) およびミステリー (小さな Linux のゲームのコレクション) です。X ウィンドウ システムは、X.Org サーバ 1.12.0、メサ 9.0.1、JWM 2.1.0、およびフォックス ツールキット 1.6.47 に基づいてです。イーサネット (含む WiFi) と (高速の USB モデムを含む) ダイアル アップ ネットワークの両方がサポートされています。ISO イメージのサイズは、約 42 MB です。
The main features in this release are maintenance (4MLinux Backup Scripts 5.1 and Clam AntiVirus 0.97.6), multimedia (MPlayer SVN-r35564-4.7.0 and FFmpeg Git-2012.12.02), a mini server (FTP, HTTP, SSH, SFTP, and Telnet), and mystery (a collection of small Linux games). The X Window System is based on X.Org Server 1.12.0, Mesa 9.0.1, JWM 2.1.0, and the FOX toolkit 1.6.47. Both Ethernet (including WiFi) and dialup (including fast USB modems) networking are supported. The size of the ISO image is about 42 MB.

プロジェクトリソース