チケット #24008

NetBSDでuumがちゃんとutmpエントリをクリアできるようにする

登録: 2011-01-03 03:30 最終更新: 2013-08-14 01:27

報告者:
担当者:
チケットの種類:
状況:
オープン [担当者決定済み]
コンポーネント:
(未割り当て)
マイルストーン:
優先度:
5 - 中
重要度:
5 - 中
解決法:
なし

詳細

現時点のCVSソースコードでは、pututline()などを実装している 最近のNetBSDではuumのutmp書き込み機能が有効になっている。

しかしresetutmp()関数を呼んだ時点ではptyを解放しているせいか、 上手くttyname(fd)でttyデバイス名を取得できず、utmpエントリをクリアできない。 デバイス名を引数で渡すresetutmp_byname()関数(仮)を作ればやや美しくないが クリアすることは可能。

問題は、sourceforge.jpのコンパイルファーム機能が終了したためNetBSDでの検証ができないことだ。

添付ファイルリスト

添付ファイルはありません

チケットの履歴 (2 件中 2 件表示)

2011-01-03 03:30 更新者: aonoto
  • 新しいチケット "NetBSDでuumがちゃんとutmpエントリをクリアできるようにする" が作成されました
2013-08-14 01:27 更新者: aonoto

編集

ログインしていません。ログインしていない状態では、コメントに記載者の記録が残りません。 » ログインする