Eos-Image Analysis Environment のインストール方法

Eosは4つのパッケージからなっていますが、基本的にbaseパッケージだけで利用することが出来ます。
バイナリファイル毎ダウンロード出来ますので、そのまま利用できます。
環境変数の設定が必要です。
最新のEos_envをダウンロードして下さい。その場所は下記です。
https://osdn.jp/projects/eos/scm/git/base/blobs/master/env/Eos_env
その中で、Eosがインストールされるディレクトリを設定する環境変数がありますので、こちらを編集して下さい。
その後、Eos_envのファイルを起動時に読み込むように設定して下さい。
あるいは、source Eos_envと実行しても結構です。
ソースコードからコンパイルする場合には、
$ cd $(EOS_HOME)
$ make rebuild
とするだけでコンパイルできるはずです。環境によって問題が生じるかも知れませんが、その場合はご連絡下さい。