サウンド出力ラグの削減

Windows10では、サウンドドライバをMicrosoftのものに変更することで、 サウンド出力の遅延を従来より小さくすることができる場合が多いです。

(本来は、Microsoft社以外のドライバも低遅延動作に対応するべきだと思いますが、 残念ながら2019年8月時点では、Microsoft社のドライバしか対応していないように思われます。)

もし興味がある方は、下記の手順でサウンドドライバをMicrosoft社の低遅延のものに更新してみてください。 このドライバはハードウェアに依存しないドライバなので、サウンドのチップの種類に関係なく適用することができます。

なお、手動でのドライバ更新に抵抗がある方や、ドライバを更新した後で、元のドライバに戻せないような方は、以下の手順の実施はお勧めいたしません。








ここまでやったら、DTXManiaを起動してみてください。WASAPI(排他または共有)のバッファサイズが小さくなった(又は、小さく設定できるようになった)はずです。


注意事項:

  • 筆者は色々な機種でこの手順を試しましたが、これまででうまくいかなかったのは AsRock DeskMini A300 Series のみでした。この機種で同じことをすると、サウンド出力がなくなってしまいました。この機種で低遅延対応のドライバを適用する方法をご存じの方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてください。