DTXMania本体や曲データの入手・インストール方法

DTXManiaって、何ですか?

Colorful.jpg
「DTXMania」は、画面に流れるシーケンスを見ながらドラムを演奏する、「ドラムトレーニングツール」です。

曲データとして、拡張子dtxのDTXファイルが使用できます。(他に BMS, BME, GDA, G2D ファイルといったところも使えますが、今時これらのファイルをDTXManiaで再生させようという方は、いないでしょう。)
その他にも、昔は MID(Standard MIDI Format) ファイルが使えましたが、今は使えません。(いつかまた対応したいとは思っているのですが...)

元々はYAMAHA のサイレント・セッション・ドラム「DTX」 シリーズのために作られたソフトではありますが、DTX シリーズでなくても、Roland TDシリーズなどの一般的な電子ドラムや、MIDIでつながるパッド類、キーボード、ジョイパッド(DirectInput対応のもの。XInputは現状非対応)、ジョイパッド入力見えする機器等で遊べます。 (DTXシリーズ専用ではありません)

また、PlayStation用コントローラをジョイスティックとしてパソコンに接続できる機器(DirectPadPro、PCツナイデント、SmartPadProなど)があれば、 PlayStation用ドラムマニア (ギタドラ!) コントローラでプレイすることも可能です。

DTXManiaの動作に必要なPCのスペックは?

現在のDTXManiaで一番負荷がかかっているのは、サウンドの合成出力処理です。 出力ラグを小さくしつつ、たくさんのチップ音を周波数変換しつつ合成しながら出力するところに負荷がかかっています。 (Windows XPの時代は、「3D性能」が一番DTXManiaの負荷になる要素でしたが、現在は違います。)

そのため、DTXManiaを快適に動かすためのパーツとして重要なのは、以下の2つです。

  1. サウンドデバイス
  2. CPU

1.のサウンドデバイスですが、マザーボードにオンマザーで搭載されたサウンドデバイスのような、 PCI Expressで接続されたものを使うのがベストです。 これだけで、スクロールのがたつきやサウンドのノイズ無しに、Win10 RS5 + WASAPI共有 の時にサウンドバッファサイズを20ms程度以下にできます。 (私のメインPC環境では、22ms。更にWASAPI排他 + WASAPI Event Driven=ONで、7ms。ASIO(ASIO4ALL使用)で8ms。)

ところが、USB接続のサウンドデバイスを使うと、WASAPI共有のサウンドバッファサイズが40ms以上になります。 (ASIO4ALLを使わない、まともなASIO対応のサウンドデバイスであれば、ASIOを使うことで、USB接続でもバッファサイズを小さく(10ms以下)することができます)

2.のCPUは、サウンドの合成出力処理の性能を上げるために重要です。 ただし、ハイエンドのCPUを使う必要はありません。Core i3でも十分だと思います。 とはいえ、一昔前のタブレットに乗っているようなATOM系のCPUだと、バッファサイズを小さくし切れず(40ms~)、 操作をしてサウンドが出力されるまでの時間差が気になるかもしれません。

DTXManiaの保守をしているyyagiが普段使用しているPCのスペックは、下記のとおりです。 この環境で、快適にDTXManiaを使用することができています。

OSWindows10 Pro 64bit (Windows10 19H1 = 1903 = May 2019 Update)
マザーボードASRock DeskMini A300
CPUAMD Ryzen 5 2400G with Radeon Vega Graphics 3.60 GHz (4core / 8threads)
ディスプレイアダプタCPU内蔵ディスプレイアダプタ (AMD Radeon(TM) RX Vega 11 Graphics)
メインメモリ16GB (8GBx2)
サウンドマザーボード搭載のサウンド(Realtek ALC233)
ディスプレイ MITSUBISHI MDT242WG (Digital DVI接続, 60Hz, 1920x1200)
キーボード PS/2接続のFILCOのキーボード
マウスUSB接続の安物マウス
MIDIRoland UM-1X、又はYAMAHA UX16経由で電子ドラムに接続

少し前までは、下記の環境を使っていました。こちらでも、快適にDTXManiaを使用できていました。

OSWindows10 Pro 64bit RS5 (Windows10 1809; 2018 October Update)
マザーボードASRock Z87E-ITX
CPUIntel(R) Core(TM) i7-4770T 2.5GHz (4core / 8threads) (いわゆるHaswell)
ディスプレイアダプタCPU内蔵ディスプレイアダプタ (Intel(R) HD Graphics 4600)
メインメモリ16GB (8GBx2)
サウンドマザーボード搭載のサウンド(Realtek ALC1150)
ディスプレイ MITSUBISHI MDT242WG (Digital DVI接続, 60Hz, 1920x1200)
キーボード PS/2接続のFILCOのキーボード
マウスUSB接続の安物マウス
MIDIRoland UM-1X、又はYAMAHA UX16経由で電子ドラムに接続

また、実家では下記のような市販のノートPCを使っていますが、 こちらもDTXManiaの動作上の問題はありません。

OSWindows10 Pro 64bit RS5 (Windows10 1809; 2018 October Update)
マザーボード NECPC LAVIE Direct NM PC-GN12S8/8A
CPUIntel(R) Core(TM) i5 -7Y54 1.2GHz (TB時最大3.2GHz) 2core
ディスプレイアダプタインテル® HD グラフィックス 615(CPUに内蔵)
メインメモリ8GB
サウンドマザーボード搭載のサウンド(インテル® ハイデフィニション・オーディオ準拠)
ディスプレイ 内蔵パネル(60Hz, 1920x1080)
キーボード PS/2接続の内蔵キーボード
マウスPS/2接続の内蔵タッチパッド

DTXManiaはどうやってダウンロード・インストールすればいいですか?

本サイトの、ダウンロード - リリース一覧 のところから、一番新しそうなものをダウンロードしてください。

ダウンロードしたzipを展開すれば、インストールは完了です。いわゆるセットアップは不要ですが、DirectXなどの追加インストールが必要な場合があります。詳しくは、導入方法を見てください。

曲データはどこで入手できますか?

  1. いくつかのオリジナルのDTXパッケージを、DTX Data Archiveで配布しています。他にも Monthly DTX Pack や、DTXMania Online StatsのDTXパッケージ紹介リンク などで、有志の曲データが配布されています。
  2. "曲名 dtxデータ" とかでインターネットを検索してみてください。

曲データをDTXManiaで使えるようにするには、どうすればいいですか?

まず、zipファイルを展開したフォルダを開いて、ファイル "DTXManiaGR.exe" があることを確認してください。 そして、ファイル "DTXManiaGR.exe" のところに、更に別のフォルダを自分で作って下さい。フォルダの名前は何でも構いません。 そのフォルダの中に、入手したdtxのデータを(zip藤を展開したうえで)そのままコピーしてください。

要は、DTXManiaGR.exeがあるフォルダ以下に曲データを配置してください。そうすれば、その曲データがDTXManiaで使用できるようになります。

(注: 全く別のフォルダにDTXデータを格納する方法もありますが、それはほかのところで説明します)