チケット #38045

自動更新機能

登録: 2018-03-16 00:54 最終更新: 2018-03-16 01:39

報告者:
担当者:
(未割り当て)
チケットの種類:
状況:
オープン
コンポーネント:
マイルストーン:
優先度:
5 - 中
重要度:
5 - 中
解決法:
なし
ファイル:
なし
投票
点数: 0
No votes
0.0% (0/0)
0.0% (0/0)

詳細

本体の自動更新機能を追加する。自動更新の対象は、DTXManiaGR.exeならびに関連DLL(FDKやBASS等を含む)、関連標準スキン、関連標準言語リソースなどである。

ユーザー見えの仕様案:

  • 設定で以下のいずれかの動作を選択可能とする。
    • OFF: 自動更新機能を使わない。
    • Notice: 起動時に最新版があるかの確認を行い、あれば更新可能であることと、更新するかどうかを確認する。更新することを選択した場合は、本体をいったん終了し、自動更新の後再度本体を起動しつつ、ブラウザをキックしリリースメモを表示する。
    • Force: 自動更新可能な場合は、バックグラウンドで更新モジュールを自動でダウンロードしておき、次回の本体起動時に自動適用の上起動する。同時にリリメモ表示のためにブラウザをキックする。
  • DEBUGビルド時は、本機能は動作しない。
  • DTXVモード, DTX2WAVモード時も、本機能は動作しない。
  • 更新UIならびにリリメモは多言語対応とする。(現状、日本語と英語しか定義できていませんが・・・)
  • ダウンロードした更新版の本体(のzip)は、消さずに残す。格納先は、DTXManiaGR.exe本体と同じフォルダ。(または、そこにarchiveフォルダを掘ってそこに入れたほうが良いか?)

開発管理見えの仕様案

  • サーバはOSDNサーバなど、極力既存のものを流用する。(OSDNサーバの倉庫やWikiなどを活用するなどする)
  • 更新本体のダウンロード先はOSDNの既存のファイルダウンロード元と同じとする。(ダウンロード数を正しくカウントするため)

チケットの履歴 (2 件中 2 件表示)

2018-03-16 00:54 更新者: yyagi
  • 新しいチケット "自動更新機能" が作成されました
2018-03-16 01:39 更新者: yyagi
  • 詳細が更新されました

添付ファイルリスト

添付ファイルはありません

編集

ログインしていません。ログインしていない状態では、コメントに記載者の記録が残りません。 » ログインする