チケット #37361

NVIDIAグラフ使用時、画面が汚い

登録: 2017-07-15 23:38 最終更新: 2017-07-25 01:26

報告者:
担当者:
(未割り当て)
チケットの種類:
状況:
オープン
コンポーネント:
マイルストーン:
優先度:
5 - 中
重要度:
5 - 中
解決法:
なし
投票
点数: 0
No votes
0.0% (0/0)
0.0% (0/0)

詳細

Intel内蔵グラフだとアンチエイリアスがきいて綺麗に表示されるが、NVIDIAグラフだとアンチエイリアスがきかない。

添付ファイルリスト

添付ファイルはありません

チケットの履歴 (6 件中 3 件表示)

2017-07-15 23:38 更新者: yyagi
  • 新しいチケット "NVIDIAグラフ使用時、画面が汚い" が作成されました
2017-07-15 23:42 更新者: yyagi
コメント

最近NVIDIA GT1030を使い始めたのですが、Intel内蔵グラフ使用時とは異なり、アンチエイリアスが利かない、汚い画面になってしまいました。 ウインドウサイズをFullHD相当にすると綺麗に表示されるので、BackBufferからRendererへの転送時に汚くなっているようです。

アンチエイリアスの設定は、SetRendererState()でやっているのですが・・・私が誤解しているのか?

やはり常道として、ウインドウサイズとBackBufferの大きさを一致させないといけないのでしょうかね。(面倒くさい・・・)

2017-07-16 02:09 更新者: from
コメント

ふーむ。

うちはGTX970ですけど、ウィンドウサイズをいろいろ変えたり最大化したり全画面にしたりしてみても、AAは常に効いてるという感じがします。

SetRendererState()

D3DRS_MULTISAMPLEANTIALIAS のことでしたら、D3DDevice9 を作るときに PresentParameters の MultiSampleQuality/Type を無効にしてますので、true にしてもかからないと思いますよ。

そしてこれはテクスチャのテクセル間だけではなく、ポリゴンと背景の境界とかも含めたバックバッファ全体にかかってしまうぱわふりゃーなフルシーンアンチエイリアシングだったかと。

最近某お舟のゲームがよーーーーーやくMSAAに対応したところ(今頃)なのですが、うちのGTX970でもMSAAx8は推奨されませんでした。 重いので今はOFFってます。orz

2017-07-17 14:56 更新者: yyagi
コメント

うーん、GTX970では問題なしですか・・・。ウチだけなんですかね。

おっしゃる通り、D3DRS_MULTISAMPLEANTIALIAS を想定していますが、PresentParameters関連は、backbufferへの描画に関するパラメータですよね。backbufferからrendererに転送する期の設定じゃないですよね(何か大きな勘違いをしているような気がしてきた・・・)

# 一応その辺のMultiSampleQuality/Typeも変えてはみたのですが、ギザギザのままでした

・・・面倒くさくなってきたので、見なかったことにしてIntel内蔵グラフに戻そうかと思い始めている今日この頃(苦笑;;)

2017-07-24 09:04 更新者: kairera0467
コメント

ウインドウサイズをFullHD相当にすると綺麗に表示されるので、BackBufferからRendererへの転送時に汚くなっているようです。

GTX750Tiの私の環境も同じ現象が起きてます。
これがあってVer.Kは旧方式のフルスクリーンに頼ってる状態です...

2017-07-25 01:26 更新者: yyagi
コメント

先ほど、いくつかの修正をpushしました。 MultiSampleQualityに関係する、SampleFrameworkのバグの修正を含みます。(3つ分をpushしていますが、webでコミット履歴を見ると一見1件しかpushされていないように見えるので注意)

しかし、ウチのGT1030環境では、やっぱりまだアンチエイリアスが掛かりません。

まさかAA非サポートってことは無いよねと疑って、SDKのdxcapsviewer.exeを実行して、

Direct3D9 Devices - D3D Device Types - HAL - Adapter Formats - D3DFMT_X8R8G8B8(Windowed) - Render Format Compatibility - D3DFMT_A8R8G8B8

を確認しましたが、一応D3D_MULTISAMPLE_NONE, NONMASKABLE, 2_SAMPLES, 4_SAMPLES, 8_SAMPLES がサポートされていて、 それぞれ使用可能なQualityLevelが1,4,1,1,1 となっており、サポートはされているようでした。(でも、これもbackbufferへのAAであって、renderer (frontbuffer) 向けでは無いよな・・・)

編集

ログインしていません。ログインしていない状態では、コメントに記載者の記録が残りません。 » ログインする