プロジェクトの説明 開発情報 Webページ レビューする

Complete Walker はLinux上でディレクトリ/ファイル操作を手早くするために作成されました。 また、操作を手早くするために”vi”の操作に似せて操作するようになっています。 ディレクトリのツリー表示やFTPクライアント、バージョン管理ツールとして利用することも出来ます。 また、本プログラムは新しくC言語でWEB上のDBを操作する機能を追加しました。 新機能ではPostgreSQLだけに限定されますが、WEB上のDBをACCESSのサブフォームのように扱うことが出来ます。 また、今回cmsがバージョン3にアップグレードしたため、本プログラム名はComplete Walker Revision Administrator となりました。Eclipseによるインターネットでの分散開発が可能になりました。

【関連項目】 ecpg, postgreSQL

【CGIサンプルの使用方法】

PCにLinuxをインストールし、apache2を利用出来る環境にします。

postgreSQLデータベースもインストールします。(8.4が望ましい)ユーザDBを使用出来るように設定します。  createdbコマンドで任意の名前のデータベースを作成しておきます。(DB名はapschが最適)

 psqlコマンドでDBを指定して以下のテーブルを作成します。($ psql apsch < create_nouka.sql)

 以下のファイルはテーブルを作成するファイルです。SAMPLE2.tar.gzに含まれています。   create_hatake.sql create_nouka.sql create_sampukiroku.sql create_yakuzai_meishokubun.sql create_yakuzai_shiyoukijun.sql

 psqlコマンドを起動し、テーブルに以下のファイルを格納します。   apsch=> \copy nouka from 'T_nouka.txt'

cwと関連するファイルをインストール(/usr/local/bin等へ)します。以下のファイルです。  以下のファイルはlocal-bin.tar.gzファイルに格納されています。  dtree dtree.root dtree.root.sh dtree.root_path dtree.root_path.sh dtree.sh dtree_path dtree_path.sh fconv.ksh

ホームディレクトリでSAMPLE2.tar.gzファイルを解凍します。

cwを起動します。

cwの画面からnouka.defをカーソルで選択し、Enterキーを押します。

aseの画面になりますので、その画面で'c'キーを押します。

自動的にnouka_Fetch.pgc等のファイルが全部で13個作成されます。

'q'キーでcwの画面に戻ります。

cwのカーソルをnouka_Fetch.pgcに移動します。

'e'キーでviでnouka_Fetch.pgcを開きます。

まず、strcpy(dbname,"apsch");の行にある"apsch"をお使いのDB名に変更します。

次に、★マークある行に行きます。(viで検索します)

NEXT、PREV、REWIND、FOERDとある行のfield00=%05dをfield=%08dと直します。

これでnouka_fetch.pgcの修正は終了です。保存して下さい。

次にcwの画面からnouka.pgcをviで開きます。

nouka.pgcの変更点は次の3つです。  2行目の#include "fgci_stdio.h"をコメントにします。  strcpy(dbname,"apsch");の行にある"apsch"をお使いのDB名に変更します。  178行目の/cgi-bin/nouka_Fetch.fcgiを実際に使用するディレクトリに変更します。

これで変更は終了です。

cwの画面に戻りカーソルをnouka.pgcに上に移動し、']'キーでコンパイルを実行します。

続いてnouka_Fetch.pgcも同じ方法でコンパイルしてください。

nouka.cgiとnouka_fetch.fcgiの2つのファイルが出来ました。

この2つのファイルを任意のcgi-binディレクトリにコピーします。  cwの画面でカーソルをコピーするファイルの上に移動し、'p'キーでコピー先のディレクトリを入力出来ます。

htmlファイルを作成し、<a href="http://サーバーアドレス/cgi-bin/nouka.cgi" target="main">メニュー</a>のように記述します。

以上でhtmlファイルから簡単なWEB-DB操作が出来ます。 もっと高機能の設計も出来ますが、その場合は cms3_UTF_Linux.tar.gz の最新版を解凍して参考にして下さい。

システム要件

Windows9X/Me 以外のWindows上で動作する Cygwin か LInux で /usr/bin/ksh と IPC が動作すること

#CYGWINの場合
Cygwin 用 SOCKET ライブラリと NCURSES ライブラリがインストールされていること
Cygwin 用 PostgreSQL と ECPG プリプロセッサがインストールされていること
Windows側でteraermがインストールされていて cyglunch が使用できること
※Womdpws側にvim 等の普段 Windowsで使用しているエディタがインストールされていることを推奨します。
[注意事項]FTXの外部エディタの指定を /home/cms/etc/hosts.ftx の第9フィールドの中に /cygdrive/c/vim/vim32.exe とすることでFTXにおける遠隔ファイル編集が可能ですが、現在の仕様ではサーバ側の自動切断時間に制限されます。
※Cygwin版ではCGI機能及び、cms3-server機能は利用出来ません。

#Linuxの場合、以下が必要なシステムです。
#Vine Linux v5.2 とv6.0、及び、debian 6.0、Ubuntu 11.04、CentOS 6.3でテストしています。

以下はdebian-linuxで必須でした。
必須 apt-get install g++
必須 apt-get install libecpg5
必須 apt-get install libecpg-dev
※又は、apt-get postgresql-deve

以下はvine-linuxで必須です。
apt-get install libncursesw5-dev
pdksh-5.2.14のダウンロードとconfigure
※/usr/bin にkshが必要です。configure してから ln -s で /bin/ksh とシンボリックリンクしてください。
 pdksh-5.2.14のconfigure後にsiglist.sh のsort +2n, +0n の箇所を sort -k 3,1 に変更してからコンパイルしてください。

Ubuntuの場合は
apt-get install essential で殆どの開発用プログラムがインストール出来ますが以下は必須です。
pdksh-5.2.14 のダウンロードとconfigure
ncurses-5.7以上のインストールとconfigure
apt-get install libncursesw5-dev


その他以下が必要となる場合があります。

cms3-serverを動作させる場合、Windows側でJAVAが必要です。具体的には以下になります。

jdk7
Eclisep 3.7以上

また、分散開発でandroidを利用する場合は android sdk のインストールが必要になります。

必須 apt-get install ksh
apt-get install ftpd
apt-get install telnetd
apt-get install ssh
必須 apt-get install libsocks4

#なお、一部のLinuxの場合以下のファイルが必要になる場合があります。これをインストールしてください。
#解凍してコンパイルが必要です。
ncurses-5.7.tar.gz ダウンロードは→ http://ftp.gnu.org/pub/gnu/ncurses/

また、Cygwin Linux 共に g++ コンパイラが必要です。

β8ではLINUX版のみをアップロードしました。UTF-8の環境で使用出来ます。
今回の版では重大な問題を解消しました。その他多くの記述ミスを発見しましたので修正しました。
なお、FTX操作プログラムを実際に操作する場合以下の点に注意してください。
1)受信の場合、現在同じ名前のファイルがカレントディレクトリに存在する場合、「ファイル xxx が存在します。実行しますか?」のメッセージに 'y' と答え、なおかつ、次の「 xxx をサーバーから受信します」のメッセージに 'y' とした場合、現在存在する同名のファイルを一旦削除してから受信を開始するようにしています。
2)送信の場合は同じ名前のファイルが送信先に存在しても警告メッセージを出さず上書きします。
なお、ファイル名は ftpfrm.cc という名前です。また、改変可能ですが十分注意して行ってください。
3)接続時「経路」の問題等でプログラムが止まっているように見える場合がありますが、
その場合FTX側ではプログラムは強制切断しません。
その時コントロールキー+Cでプログラムを強制終了してもシステムに影響を与えませんが、
/home/cms/tmp の下に ftx9999 (9999はPID番号)のディレクトリが残ります。
なお、この場合サーバー側で時間が経つと自動的に切断されますので停滞は解消されます。

インストール

ダウンロードが終了した後、CYGWIN は cms_EUC.tar.gz を LINUX は cms3_UTF_linix.tar.gz を解凍します。 以下の方法で解凍してください。 $ tar -xzf cms3_EUC.tar.gz 以上で /home の下に cms というディレク... インストール方法を見る

使い方

CMS3のチュートリアル cms3の利用方法 Androidの入門コース「ん・ぱか工房」のサンプルソースを例にcms3の利用方法をチュートリアルします。 Eclipse v3.7とjdk7、android sdk は既にインストールしてあることを... 使い方を見る

ダウンロード

レビュー
あなたの評価
レビューする

統計情報

最新の動き

2015-03-08
16:54
Complete Walker Revision Administrator
[ファイルリリース] リリース 'cms for cygwin 1.7' を削除しました
2015-02-28
21:08
Complete Walker Revision Administrator
[ファイルリリース] リリース 'cms for cygwin 1.7' を更新しました
21:08
Complete Walker Revision Administrator
[ファイルリリース] リリース 'cms for cygwin 1.7' を更新しました
活動履歴を見る