ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

素粒子物理学実験ではCAMAC/VME/RS232C/GPIBといったデバイスが頻繁に利用されています。CLDAQはこれらを利用したデータ収集システムの構築をサポートするプロジェクトであり、C++で記述されたクラスライブラリです。CLDAQは利用者の開発期間短縮を約束します。

システム要件

システム要件が設定されていません

リリース時刻: 2004-06-25 00:45
CLDAQ 1.14.0 (1 個のファイル 非表示)

リリースノート

DCBA(http://dcba.kek.jp/)で使ってくださるとのことなので、簡単に整備しました。
出力関係(Tcout,Tcerr,Tlog)のメカニズムが変更されました。TSystemActionから振る舞いを変更させることができます。
これにともなって、いくつかの加筆・修正を行いました。

変更履歴

なんかcvs2cl.plが動かなくなっちゃいました。
たぶん、viに日本語打ち込んだのが原因です。

嘘です。sourceforge.jpが返す日付フォーマットがSQL形式になったのが問題のようです。

cvs2cl.plを修正して、ChangeLogつくりました。
以下はバージョン1.13.0から1.14.0の差分です。

2004-06-25 00:20 Go IWAI <goiwai@users.sourceforge.jp>

* source/system/Ttypes.h (1.24, CLDAQ-1-14-00):
これをもってヴァージョン1.4.0とします。

2004-06-25 00:19 Go IWAI <goiwai@users.sourceforge.jp>

* examples/software/sw01/: Sw01SystemAction.cc (1.3),
Sw01SystemAction.hh (1.3) (utags: CLDAQ-1-14-00):
SystemAction::Catch〜()を盛り込んだ。ログの出力がなんか2行にわかれてるが、とりあえず放置。

2004-06-25 00:18 Go IWAI <goiwai@users.sourceforge.jp>

* config/scripts/cldaq-build (1.5, CLDAQ-1-14-00):
TSystemActionクラス変更にあわせて、こちらも変更

2004-06-25 00:17 Go IWAI <goiwai@users.sourceforge.jp>

* source/system/: TOutputStream.cc (1.1), TOutputStream.hh (1.1),
TStringStreamBuffer.cc (1.1), TStringStreamBuffer.hh (1.1)
(utags: CLDAQ-1-14-00):
std::cout等をやめて、TOutputStreamのオブジェクトTcoutを使うことにした。理由は、出力前に皮をかぶせてやりたかったから。
SystemActionのCatch〜で設定できる。

2004-06-25 00:15 Go IWAI <goiwai@users.sourceforge.jp>

* source/: analysis/TRecordDisplay.cc (1.3, CLDAQ-1-14-00),
analysis/TRecordDisplayPreference.cc (1.3, CLDAQ-1-14-00),
interfaces/TTerminalUserInterface.cc (1.7, CLDAQ-1-14-00),
persistency/TCompressObjectFilter.cc (1.9, CLDAQ-1-14-00),
persistency/TDecompressObjectFilter.cc (1.6, CLDAQ-1-14-00),
persistency/TOutputObjectSharedMemory.cc (1.7, CLDAQ-1-14-00),
rootmodules/IO/LinkDef.h (1.2, CLDAQ-1-14-00),
rootmodules/IO/Ttypes.h (1.2, CLDAQ-1-14-00), run/TRunManager.cc
(1.16, CLDAQ-1-14-00), system/TFileProperty.cc (1.5,
CLDAQ-1-14-00), system/TSystemAction.cc (1.6, CLDAQ-1-14-00),
system/TSystemAction.hh (1.8, CLDAQ-1-14-00),
system/TSystemLogging.cc (1.7, CLDAQ-1-14-00),
system/TSystemLogging.hh (1.10, CLDAQ-1-14-00), system/Ttypes.h
(1.23): たくさんの変更 Tcout,Tcerr,Tlogをバッファ経由にした。
何個かexternした。Tlog,Tcout,Tcerr,Tinfo...Tcritなど出力関係。

2004-06-23 16:49 Go IWAI <goiwai@users.sourceforge.jp>

* config/: architecture.gmk (1.4), binmake.gmk (1.8), common.gmk
(1.11) (utags: CLDAQ-1-14-00): make
cleanでCLDAQ_CLEAN_FILESを見るようにした。

2004-06-23 16:48 Go IWAI <goiwai@users.sourceforge.jp>

* source/rootmodules/IO/Tglobals.h (1.4, CLDAQ-1-14-00):
glibc-2.3.2のものをローカルに置いた。
どうも、TLD10にくっついてくるsyslog.hが変な気がする。
これはrootcintのエラーの原因になるので、ここだけローカルのsyslog.hを使用する。

2004-06-23 16:45 Go IWAI <goiwai@users.sourceforge.jp>

* source/rootmodules/IO/GNUmakefile (1.4, CLDAQ-1-14-00): make
cleanでIO.cxxとIO.hも消すようにした。

2004-06-23 15:34 Go IWAI <goiwai@users.sourceforge.jp>

* source/GNUmakefile (1.7, CLDAQ-1-14-00):
CLDAQ_ROOT_USEが設定されてるときだけ、rootmodules以下をビルドするようにしました。

2004-06-23 15:33 Go IWAI <goiwai@users.sourceforge.jp>

* source/GNUmakefile (1.6): CLDAQ_ROOT_USE

2004-06-23 14:45 Go IWAI <goiwai@users.sourceforge.jp>

* source/rootmodules/IO/Tglobals.h (1.3): gcc
3.3以上だけ、ローカルなヘッダsyslog.hをインクルードするようにした。

2004-06-23 14:34 Go IWAI <goiwai@users.sourceforge.jp>

* source/rootmodules/IO/: Tglobals.h (1.2), syslog.h (1.1,
CLDAQ-1-14-00):
rootcintがsyslog.hに文句いうので、文句のいわないsyslog.hをインクルードするようにしました。

2004-03-27 04:48 Go IWAI <goiwai@users.sourceforge.jp>

* source/: commands/TRunShutdownCommand.cc (1.5),
commands/TRunShutdownCommand.hh (1.7),
commands/TSystemShutdownCommand.cc (1.1, CLDAQ-1-14-00),
commands/TSystemShutdownCommand.hh (1.1, CLDAQ-1-14-00),
run/TRunManager.cc (1.15): /run/shutdown を廃止して
/system/shutdown にしました。

2004-03-27 03:54 Go IWAI <goiwai@users.sourceforge.jp>

* source/system/Ttypes.h (1.22): 時期バージョンにむかって発進。