2010-01-01 12:45 (by ohkubo-k)

あけましておめでとうございます。

昨年夏の公開以来、大晦日までで2495件のダウンロードがありました。偶然見つけていただくしかないのに、よくここまで伸びた物だと思います。たまに利用者の方からメールを頂きますが、お役に立っているようで何よりです。ご利用ありがとうございます。

さて、近日(1/10ごろ)に、データ更新版を公開する予定で準備中です。

  • 全ての辞書に共通の改良点
    • ギリシア語の 全文 条件検索ができるようにしました(全文検索では見つかりません)
  • 羅英辞典(ELD, LS)
    • スペル違いの見だしがある場合、どちらでも見つかるようにしました
    • 変化形見だし付き辞書で、辞書本体の見だしの品詞を簡易判定して、より適切な見出しにジャンプするようにしました
  • Lewis&Short羅英辞典
    • 辞書全体のデータチェックをしました。欠けていた前書き・略語一覧を入力し、ギリシア語表記部分の修正、語源のヘブライ語なども入力しました。
  • LSJ希英辞典
    • 辞書全体のデータチェックをしました。まだまだ要確認の箇所が残っています。
    • ギリシア文字を記すベータコードとして怪しい箇所が千カ所ほどありましたが、全て紙辞書で確認し、700カ所以上を直しました。
    • 印刷のかすれた箇所が <*> となっていましたが、国会図書館の1940年版(1953年印刷)で確認し、約400カ所を直しました。

これらと併せて、まだ試作品段階ですが新しいデータも公開します。

  • 1934年版Gaffiot羅仏辞典の「挿絵だけ」図鑑
    • 旧Gaffiotには挿絵が多数( 808 947枚)あります。著作権切れのためPublic Domainで公開されている全ページスキャン画像から挿絵だけを切り抜き、図鑑のように検索できるようにしました。
    • 150枚の地図については、地名(約1500)を全てテキスト入力しました。条件・全文検索によって、ある地名が出てくる地図を探し出せます。地名はLSでおおむね確認しましたが、印刷が不鮮明で確認できなかったものが50カ所ほど残っています。
    • 画像のサイズや不鮮明箇所の修正、地名の探し方など、まだまだ改良すべき点が残っています。

今後も辞書データのチェックを地道に続けていきます。

本年もどうぞよろしくお願いします。

【2010/01/11 に若干修正しました】

EPWING for the classicsプロジェクトのニュース一覧