話題(スレッド): 英語版Wiktionaryにおける古典語記事のEPWING化についてご相談

英語版Wiktionaryにおける古典語記事のEPWING化についてご相談 (2015-09-14 18:46, tanaka, #76872)

大久保様


お忙しいところ失礼致します。
いつもお世話になっております。田中と申します。

さて今回は、表題の通り、英語版Wiktionaryにおけるラテン語・ギリシア語記事のEPWING化についてご相談に参りました。

というのも、LSJやLSのおかげで、変化形からの検索ができて大変重宝しているのですが、ある単語の全変化形の情報を一覧で見ることができれば、と思うことがよくあります。そんなとき、英語(や独語)版のWiktionaryにはラテン語・ギリシア語のかなり多くの単語の記事があってそこで変化形が表になってるので、私はしばしばこれを参照しております。(書籍で言えば"501 Latin Verbs"や"All the Greek Verbs"のようなものがありますけれど、いずれも動詞だけですし、項目もさほど多くは無いので。)これがオフラインでしかもEPWINGの形式で利用できたら素晴らしいと思うのですが、お恥ずかしながら実装に関する技術が私には全くありません。

どうか、英語版 Wiktionary のラテン語・ギリシア語記事のEPWING化についてご一考頂けないものかとお願い申し上げます。
ご検討頂ければ幸いであります。

それでは、失礼致します。

田中

メッセージ #76872 への返信×

ログインしていません。投稿を区別するために投稿者のニックネームをつけてください(ニックネームの一意性は保証されません。全く別の人も同じ名前を利用することが可能ですので本人であることの特定には利用できません。本人であることを保証したい場合にはログインして投稿を行なってください)。 ログインする

Re: 英語版Wiktionaryにおける古典語記事のEPWING化についてご相談 (2015-09-14 22:55, ohkubo-k, #76874)

田中さま、ご利用ありがとうございます。

> どうか、英語版 Wiktionary のラテン語・ギリシア語記事のEPWING化についてご一考頂けないものかとお願い申し上げます。

フランス語の入門講座に通って2年ほどになります。仏文を読む場合は、変化形→辞書見出しを使うのですが、作文課題の場合は、辞書見出し→変化形一覧がないと全く歯が立ちません。
ProjectZephyrのほうで、プチロワ&ロワ仏のEPWING化キットを公開していて、これは変化形→辞書見出しと、辞書見出し→変化形一覧の両方が使えるようにしています(旺文社のCDデータのおかげですが)。
ひょっとしたらラテン語・ギリシャ語でも「辞書見出し→変化形一覧」があれば便利なのかな・・・と思っていました。

LS/LSJの変化形→辞書見出しのデータは、そもそも辞書見出し→変化形一覧のデータをまとめ直して逆引きできるようにしたものです。変化形一覧表示にするのは簡単です。
今月中にドイツ語のEPWINGデータを公開する予定ですが、それとあわせてラテン語・ギリシャ語の見出し語→変化形一覧だけの(辞書本体は無し)EPWINGデータも公開するつもりです。
#76872 への返信

メッセージ #76874 への返信×

ログインしていません。投稿を区別するために投稿者のニックネームをつけてください(ニックネームの一意性は保証されません。全く別の人も同じ名前を利用することが可能ですので本人であることの特定には利用できません。本人であることを保証したい場合にはログインして投稿を行なってください)。 ログインする

Re: 英語版Wiktionaryにおける古典語記事のEPWING化についてご相談 (2015-09-16 01:30, tanaka, #76877)

大久保様

さっそくの、また快いお返事を下さり、ありがとうございます。

なるほど、辞書見出し→変化形一覧はすでにフランス語に関しては大久保様のお仕事があるわけですね。私はフランス語はさっぱりで、盲点でした。

> 作文課題の場合は、辞書見出し→変化形一覧がないと全く歯が立ちません。

そうなんです。辞書見出し→変化形一覧はおっしゃるとおり、作文のさいに絶大な効果を発揮すると私も思います。
また作文それ自体ではなくとも、たとえば、原典を読んでいて複数の読みがあってそれらの妥当性を検討する必要があるときなども、ちょっとした作文の頭にならなければいけないことがあるかと思います。特に韻文のさいには、ある語およびその変化形が韻律的にどんなバリエーションを持っているのかを把握することは至極重要かと思いますので、辞書見出し→変化形一覧はそれを提供してくれるという意味でも初学者には大変ありがたいです。(もっとも専門家の人々はそのような膨大な知識を我がものとしているからこそ、古代の韻文の一行を写本に代わって作文するなどという芸当が出来るのでしょうけれど…これは余談ですが。)

> LS/LSJの変化形→辞書見出しのデータは、そもそも辞書見出し→変化形一覧のデータをまとめ直して逆引きできるようにしたものです。変化形一覧表示にするのは簡単です。

なるほど、Wiktionaryに頼る必要はないどころか、これ以上無い解決方法ですね。

> 今月中にドイツ語のEPWINGデータを公開する予定ですが、それとあわせてラテン語・ギリシャ語の見出し語→変化形一覧だけの(辞書本体は無し)EPWINGデータも公開するつもりです。

本当にありがたいです。いつも大久保様のお力に頼らせて頂くばかりで恐縮ですが、ぜひとも心待ちにしております。

※追記:すでにどなたかが指摘されているかもしれませんが、Perseusのデータの不備について報告です。
希英のIntermediate のPerseus のデータですが、紙版と比較したところ、おそらくすべての動詞についてその基本形の情報が根本的に欠落しており、別途、変化形の見出しないしはLSJ(Unabridged)の方を参照しなければならないという状態であるということをご報告させていただきます。

田中
#76874 への返信

メッセージ #76877 への返信×

ログインしていません。投稿を区別するために投稿者のニックネームをつけてください(ニックネームの一意性は保証されません。全く別の人も同じ名前を利用することが可能ですので本人であることの特定には利用できません。本人であることを保証したい場合にはログインして投稿を行なってください)。 ログインする

Re: 英語版Wiktionaryにおける古典語記事のEPWING化についてご相談 (2015-09-20 09:19, ohkubo-k, #76909)

> 本当にありがたいです。いつも大久保様のお力に頼らせて頂くばかりで恐縮ですが、ぜひとも心待ちにしております。

ざっと作ってみました。こういう形(ある語の変化形一覧を表形式で表示)にしたのは初めてです。これで正しいのかどうか不安になってきましたので、ちょっと確認します。


> ※追記:すでにどなたかが指摘されているかもしれませんが、Perseusのデータの不備について報告です。
> 希英のIntermediate のPerseus のデータですが、紙版と比較したところ、おそらくすべての動詞についてその基本形の情報が根本的に欠落しており、別途、変化形の見出しないしはLSJ(Unabridged)の方を参照しなければならないという状態であるということをご報告させていただきます。

全く存じませんでした。
そもそもギリシャ語が全く分かりません(独学で数回リタイア・・・)。アテネフランセのギリシャ語入門クラスに通いたいのですが、フランス語の教科書を使っているため、まずフランス語が読めなければならず、現在フランス語中級に通っています。来年秋には仏中級を修了し、ギリシャ語入門に手を出せればと思っています。

CunliffeのA Lexicon of the Homeric Dialectも自前で電子化し、今年春に1回校正読みをしました。しかし、やはりギリシャ語の基礎すらわからないともう一段の校正が出来そうになく、公開していません。
この辞書はTLGで電子化済み(http://stephanus.tlg.uci.edu/cunliffe/#eid=1&context=lsj)なのですが、再配布禁止なので自前で電子化しました。
ほかにもギリシャ語関連のEPWINGをいくつか公開していますが、どれもわけが分からないまま機械処理しただけのものです。とんでもない誤りや漏れがあるかも知れません。

ギリシャ語入門クラスの修了は再来年の秋になります(多分)。自分でもギリシャ語EPWINGを使えば、何がダメなのかいろいろ見えてくるはずです。
Intermediate希英も、欠けているテキストを埋めるなど、なんとかしたいとおもいますが、数年先になると思います。すみませんが、気長にお付き合いいただければ幸いです。
#76877 への返信

メッセージ #76909 への返信×

ログインしていません。投稿を区別するために投稿者のニックネームをつけてください(ニックネームの一意性は保証されません。全く別の人も同じ名前を利用することが可能ですので本人であることの特定には利用できません。本人であることを保証したい場合にはログインして投稿を行なってください)。 ログインする

Re: 英語版Wiktionaryにおける古典語記事のEPWING化についてご相談 (2015-09-23 01:51, tanaka, #76927)

> ざっと作ってみました。こういう形(ある語の変化形一覧を表形式で表示)にしたのは初めてです。これで正しいのかどうか不安になってきましたので、ちょっと確認します。

本当にお疲れ様です。ありがたいことです。

>フランス語の教科書を使っているため、まずフランス語が読めなければならず

なるほど、アテネはそういうやり方なのですね。フランス語経由でギリシア語というのは私には想像もつかない世界ですが、そもそも邦語のテクストの限られている言語ですから、後々楽でしょうね。

> CunliffeのA Lexicon of the Homeric Dialectも自前で電子化し、今年春に1回校正読みをしました。
> 再配布禁止なので自前で電子化しました。

恐れ入ります。毎度思っておりましたが、大久保様はちょっと信じられないくらいの量のお仕事をされていますね。素人目からするとそんなにお仕事をされてお体を壊さないかしら、と心配になるくらいです。
しかし古典学だけに関しても、専門家の人々はもっと真剣に大久保様のお仕事に注目するべきだと思います。私は古典語学習において大久保様のお仕事はひとつの革命だと思いますし、沈没寸前のこの分野に人々が興味を持つ恰好のきっかけになるのにと思っておりますから、もどかしい気持ちです。

> ギリシャ語入門クラスの修了は再来年の秋になります(多分)。

すばらしいですね。そのときはきっとご自分のお仕事がどれほど素晴らしいものであるか実感されることと思います。

LS Intermediate の件に関しては Perseus のデータのレベルの話ですし、Unabridgedなどと併用すれば何とかなることではあります。それ以外の点については、三年近くお世話になっていますが、不満を感じたことはありません。最近はiPhoneの辞書などもありますが、私から見れば大久保様のLSI/LSJに比肩するものはありません。

どうもありがとうございます。
それしか申し上げることが出来ません。
#76909 への返信

メッセージ #76927 への返信×

ログインしていません。投稿を区別するために投稿者のニックネームをつけてください(ニックネームの一意性は保証されません。全く別の人も同じ名前を利用することが可能ですので本人であることの特定には利用できません。本人であることを保証したい場合にはログインして投稿を行なってください)。 ログインする

Re: 英語版Wiktionaryにおける古典語記事のEPWING化についてご相談 (2017-08-29 22:52, tanaka, #80198)

大久保様

お礼が遅くなりましたが、Intermediateでの動詞変化表の実装(および書籍版画像表示)の件、本当にありがとうございます。
上の問題を動詞についてはすべて解決して下さいました。
これからも有り難く使わせて頂きます。

メールで済む内容かとも思いましたが、普遍的なテーマかと思いますので、こちらに投稿させていただきます。

田中
#76909 への返信

メッセージ #80198 への返信×

ログインしていません。投稿を区別するために投稿者のニックネームをつけてください(ニックネームの一意性は保証されません。全く別の人も同じ名前を利用することが可能ですので本人であることの特定には利用できません。本人であることを保証したい場合にはログインして投稿を行なってください)。 ログインする

Re: 英語版Wiktionaryにおける古典語記事のEPWING化についてご相談 (2017-08-30 21:00, ohkubo-k, #80201)

田中さま
ご連絡ありがとうございます。

もう2年も前になるのですね。変化形一覧EPWINGはいったん作ったものの、國原先生のラテン語辞書巻末を比べると、これでいいのかどうかが私には判断できず、結局お蔵入りになってしまいました。すみません。
所詮私はド素人なので、変化形だけというのは信頼性で問題があります。まっとうな辞書とあわせて利用していただくのが良いと思います。


昨年春に、ようやくフランス語中級終了が見えてきたので、ギリシャ語入門クラスについて受付に問い合わせをしたら「もうフランス語の教科書は使っておらず、今は日本語プリントでの授業です」と言われ、「何だってぇえええええ!!!何のためにフランス語を・・・」と思いつつも、フランス語がズタボロでも良いのかと、ちょっと安心しました。

昨年秋からちょうど1年間ギリシャ語入門講座に通い、先週終わったところです。
先生が「Intermediateには~~と載っていますが」とおっしゃったのをテキスト版で引いても出ておらず、名詞の定冠詞・属格語尾も、母音の長短もなく、ページ画像検索を作るしかないと思い至りました。これが一番確実な方法だと思います。
ともかく、あらゆることがわけ分からず、せっかくの日本語での授業でも、「"It's Greek to me"ってこういうことだったのかぁ・・・」と思うしかありませんでいた。
9月からギリシア語中級クラスに進みで、購読が始まります。わけが分からないなりに自分で作った辞書を使ってみて、気の向くままままに試行錯誤している状況です。

Intermediateのテキストデータについて、原本から欠落している情報の手入力もちょっと始めています。年単位の作業になるとおもいますが、どうぞ気長におつきあい下さい。
#80198 への返信

メッセージ #80201 への返信×

ログインしていません。投稿を区別するために投稿者のニックネームをつけてください(ニックネームの一意性は保証されません。全く別の人も同じ名前を利用することが可能ですので本人であることの特定には利用できません。本人であることを保証したい場合にはログインして投稿を行なってください)。 ログインする