話題(スレッド): SMYHT文法書、誤植発見

SMYHT文法書、誤植発見 (2013-12-13 12:13, chairein, #71034)

Herbert Weir Smyth, A Greek Grammar for Colleges のデータに誤植を発見しました(元データに由来するもののようです)。

目次及び見出し?(目次から飛んだ先にある項目上部の見出しのようなところ)、以下のセクションです。

誤:
4.16.1 ὁ, h(, to/ IN HOMER . . . §1100
4.16.2 ὁ, h(, to/ AS A RELATIVE . . . §1105
4.16.3 ὁ, h(, to/ AS A DEMONSTRATIVE IN ATTIC PROSE . . . §1106
4.16.5 ό, h(, to/ AS AN ARTICLE (the) IN ATTIC (ESPECIALLY IN PROSE) . . . §1118

正:
4.16.1 ὁ, ἡ, τό IN HOMER . . . §1100
4.16.2 ὁ, ἡ, τό AS A RELATIVE . . . §1105
4.16.3 ὁ, ἡ, τό AS A DEMONSTRATIVE IN ATTIC PROSE . . . §1106
4.16.5 ὁ, ἡ, τό AS AN ARTICLE (the) IN ATTIC (ESPECIALLY IN PROSE) . . . §1118

* ギリシャ文字で「ἡ」と表記すべき個所が「h(」、同じく「τό」が「to/」と表記されてしまっています。ぱっと見ればすぐに正しい表記がわかりますので、訂正はお時間の取れる時に、何かのついでにして頂ければ幸いです。

ペルセウス上にあるスマイスのデータには、OHKUBOさんの書いてはる通り、他にも誤植がたくさんあるはずです(電子化された際のデータ誤変換に基づく?)。また、見つけ次第報告致します。

メッセージ #71034 への返信×

ログインしていません。投稿を区別するために投稿者のニックネームをつけてください(ニックネームの一意性は保証されません。全く別の人も同じ名前を利用することが可能ですので本人であることの特定には利用できません。本人であることを保証したい場合にはログインして投稿を行なってください)。 ログインする

Re: SMYHT文法書、誤植発見 (2013-12-13 15:39, chairein, #71036)

追加です。

誤:
4.16.15.5 INTERROGATIVES, ἄλλος, polu/s, o)li/gos WITH THE ARTICLE . . . §1186
4.19.4.8.1 1. ἐξ, e)k with the (Ablatival) Genitive only
4.19.4.8.2 2. ἐξ, e)k in Composition
4.36.11 δαί, dh=qen, dh/pou, dh=ta . . . §2848
4.36.18 [[ERROR:*:kai/toi . . . §2893
4.36.23 ναί, nh/ . . . §2922
4.36.24 νῦν, nu_ni_/, nu/_n, nu/n, nu/ . . . §2924
4.36.28 οὐκοῦν, ou)/koun . . . §2951
4.36.34 ὥς, w(s . . . §2988

正:
4.16.15.5 INTERROGATIVES, ἄλλος, πολύς, ὀλίγος WITH THE ARTICLE . . . §1186
4.19.4.8.1 1. ἐξ, ἐκ with the (Ablatival) Genitive only
4.19.4.8.2 2. ἐξ, ἐκ in Composition
4.36.11 δαί, δῆθεν, δήπου, δῆτα . . . §2848
4.36.18 καίτοι . . . §2893
4.36.23 ναί, νή . . . §2922
4.36.24 νῦν, νῡνῑ́, , nu/_n, νύν, νύ . . . §2924
4.36.28 οὐκοῦν, οὔκουν . . . §2951
4.36.34 ὥς, ὡς . . . §2988

4.36.24の三つ目の単語は、二つ目の文字(u/_ ウプシロンの上に長音記号と鋭アクセントの付いた文字)が表示できませんでした(ペルセウスでも「?」となっています)。

それから誤植、本文にもありました。


§1186
The interrogatives τίς, ποῖος may take the article when a question is asked about an object before mentioned: [[ERROR:*:*s*w. nu=n d e)ke na, w)= *fai=dre, duna/meqa kri_/nein. *f*a*i. ta\ poi=a]]; SOCR. Now at last we can decide those questions. PH. The what questions? P. Phae. 277a.

正:
§1186
The interrogatives τίς, ποῖος may take the article when a question is asked about an object before mentioned: ΣΩ. νῦν δὴ ἐκεῖνα, ὦ Φαῖδρε, δυνάμεθα κρῑ́νειν. ΦΑΙ. τὰ τοῖα; SOCR. Now at last we can decide those questions. PH. The what questions? P. Phae. 277a.

見つけたらまた報告致します。
#71034 への返信

メッセージ #71036 への返信×

ログインしていません。投稿を区別するために投稿者のニックネームをつけてください(ニックネームの一意性は保証されません。全く別の人も同じ名前を利用することが可能ですので本人であることの特定には利用できません。本人であることを保証したい場合にはログインして投稿を行なってください)。 ログインする

Re: SMYHT文法書、誤植発見 (2013-12-16 21:36, ohkubo-k, #71067)

chaireinさん、こんにちは。
ご指摘ありがとうございます。
修正版をアップしました。
https://sourceforge.jp/projects/classicalepwing/downloads/60087/hwsmyth-131216.zip/

問題の原因は2つありました。
まず一つは、私の変換プログラムのミスです。今まで想定していないXMLタグの利用方法があり、正しくギリシャ文字になっておりませんでした。
また、太字と斜体の両方が太字で表示されていました。これもそれぞれ太字と斜体で表示するように直しました。

もう一つはPerseusの元データのミスです。
例えば、(u/_ は、本来 u(/_ でなければなりません(ギリシャ文字をASCII文字だけで表記するベータコードの仕様に依ります)。また、Perseusチームが電子化する際、印刷が不鮮明な箇所などに <*> を入力しています。これもベータコード仕様違反なので、私の変換プログラムでは変換エラーとしています。
Smythにはこういった箇所が数百カ所あります。原本で確認して修正する予定ですが、早くて来春になるかと思います。

以前、LSJでも同様の問題にぶつかり、1年くらいかけて、国会図書館にも通い(安い最近のリプリント版でなく、昔の活版印刷板を見るため)、数千カ所を修正しました。Perseusのデータの品質は様々で、ときに基本的なデータ表記仕様のチェックすら通らないものがあります。LSJも冒頭のα部は結構品質が悪い(みんな初めてだったから?)のですが、進むにつれて基本的なミスが減っていきました。異常にチェックが厳密な部分もありました(担当した方が真面目だったのでしょうかね)。
#71034 への返信

メッセージ #71067 への返信×

ログインしていません。投稿を区別するために投稿者のニックネームをつけてください(ニックネームの一意性は保証されません。全く別の人も同じ名前を利用することが可能ですので本人であることの特定には利用できません。本人であることを保証したい場合にはログインして投稿を行なってください)。 ログインする