ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

このアプリケーションは複数の画像を選択し重ね合わせることで一つの画像を作り出す、モンタージュを行うアプリケーションです。 用途としてパーツを組み合わせてキャラクターをデザインするという、一種の着せ替えを楽しむことを想定していますが、それに限りません。

モンタージュするための素材の画像データがないと、このアプリケーションは何もできません。ご自身で作成するか、既にある画像データを用意するなどしてください。 カテゴリ、レイヤー、カラーグループを増減させたりなど、画像の組み合わせ方については新しいプロファイルを作成することで自分好みの設定にすることができます。

このアプリケーションは、K.Hみっくす ふぁーすとえでぃしょん さんの 「キャラクターなんとか機」を目標にJAVAによりフルスクラッチから書き起こしたものです。 初期状態で、「キャラクターなんとか機」と同じカテゴリ、レイヤー順序、ディレクトリ、カラーグループの設定がされたプロファイルが作成されますので、 「キャラクターなんとか機」のパーツデータをインポートして使うことができます。

システム要件

システム要件が設定されていません

リリース時刻: 2011-02-21 02:50
キャラクターなんとかJ 0.95 (3 個のファイル 非表示)

リリースノート

Windows2000(SP4), Windows XP(SP3), Windows Vista(SP1 32/64), Windows 7(32/64), MacOS X 10.5 Leopard(Intel/PPC), MacOS X 10.6 Snow Leopard, Ubuntu 10.04, Fedora14で動作します。

Windowsであれば、CharacterManaJ.exeもしくはCharacterManaJ.jarをダウンロードしてください。
Macであれば、CharacterManaJ.dmg、もしくはCharacterManaJ.jarをダウンロードしてください。
Ubuntu/Fedoraであれば、CharacterManaJ.jarをダウンロードしてください。

dmgの場合、ディスクイメージですのでマウント後、中にあるCharacterManaJ.appを好きな場所にコピーしてから実行してください。
exeおよびjarは、それ自身が実行ファイルです。インストーラ等はありません。
使用・作成されるフォルダ等についてはWikiをご参照ください。

ver0.95からソースコードはSVNで管理しています。
http://sourceforge.jp/projects/charactermanaj/svn/view/

変更履歴

ver0.95は、ver0.94からのマイナーチェンジです。

現在、ver0.9/ver0.92/ver0.94をお使いの場合は、パーツ情報などを(基本的には)、そのまま引き継ぐことができます。
(フォルダ構成が変更になっているため、うまくゆかない場合は下記変更点の説明から不要なファイルを削除する必要があるかもしれません。また、初回起動時にエラーログが出る場合がありますが、古いデータに起因するものなので、二回目以降の起動ではでなくなります。)

おもな変更点は以下のとおりです


1. 新規プロファイル作成ができなくなっていた問題を修正しました。

2. メニューの構成を見直し、新規インポートと既存のインポートを分離しました。
    新規インポート時にプロファイルの名前や作者を変更できるようにしました。

3. プロファイルの動的変更でNAME, REVを編集可能にしました。

4. フォルダ構成を見直し、整理しました。
   起動時に古い形式でファイルが格納されている場合、自動的に新しいフォルダ構造に移行します。
   (うまく行かなかった場合は、*.serファイルを全部を消してみてください。)
   (それでもダメならばバグレポートをいただけると幸いです。)

5. 新規プロファイル作成時にプロファイルの表示名でフォルダを作成するようにしました。

6. エクスポート時にcharacter.iniファイルも出力するようにしました。
 (ただし、キャラクターなんとか機互換のプロファイルでないと意味がありません。)
(readme.txtはUTF16LEなのでキャラクターなんとか機に読ませると文字化けします。)

7. Linux(Ubuntu/Fedora)でドロップができなかった問題を修正しました。

8. メニューにフォーラム・バグレポートへのリンクを追加しました。

9. キャラクターなんとか機本家様とパーツ保管庫へのリンクを追加しました。
   (将来的にはキャラクター定義別に分けたいと思っています。)

10. アクセサリなどの複数選択可能なパーツで色変更をした場合の挙動を変更しています。
   連動指定も関係するので把握しづらいかもしれませんが、以前より直感的な操作になったと思います。

11. アクセサリなどのパーツ名に(髪)(服)のようなカラーグループの表記がある場合、
   従来は末尾のみで判定していましたが、パーツ名のどこかにあれば判定するように変更しました。
   判定方法は「設定」より変更できます。

12. フォルダ構成を見直し、お気に入りのデータ「favorites.xml」をキャラクターデータのディレクトリに移動しました。
   フォルダからインポートする場合には、このお気に入りも認識するようになりました。

以上。