超漢字上で作る。

セルフ開発環境経由かな?

Tex2TAD的な、実身を自前で生成するのは、難しいかもしれない。だが、超漢字のライブラリ云々ってのがあったな。てのは何だろ、http://homepage3.nifty.com/linxs/ txtad

超漢字が標準で持つライブラリ「libtf」を利用しています。

ってことは、ぜんぶ自前でやる必要もないのかな。実身をちゃんと作ることは、ライブラリにお任せできるのかな?

ファイル変換、、

最も単純には、ファイル変換でもいけちゃうわけだろうかな、リンク先仮身なしなフラット・テキストだけだったならば。

テンプレートの複製で、履歴経路を再現した順序でスケルトンを構築してから、内部データ実身名等を書き換え調整?

仁坂氏の実身一括作成の解説図http://blog2btron.sourceforge.jp/BTRON_RealObiect_Exp.png BTRON_RealObiect_Exp.png
そこで、仁坂氏式に、 実身生成は超漢字側に任せる。実身参照構造のスケルトンをつくっといて、で、あとで、テキストや実身名を書き換えて調整する。ってのではどうか。 あらかじめ、スケルトンを、構造の総スケルトン構造を知って、で、順番に組み立てておく必要がありそうだ。 マイクロスクリプト超開発環境でマクロかな、、 やっぱ、自力生成も捨てがたい、、