BIF-6809 のインストール方法

What You Need to Get Started 始めるに必要なのは:

To "install" BIF-6809 on a Color Computer or a Color Computer emulator, the first thing you need is the hardware or the emulator.
BIF-6809 を「インストール」するに必要なのは先ず、そのコンピュータもしくはエミュレーターです。タンディ・ラジオシャック社製造のカーラーコンピュータは日本にあまり知られていないが、エミュレーターなら手に入れることはできるでしょう。

英語さえ読めるならば。

The Tandy Radio Shack Color Computer 1 or 2 should run it okay. The 3 will run it when using the 1/2 mode's 32 column screen, as I recall.
コンピュータ本体はモデル1か2です。モデル3も、1・2モードで稼働できるはずです。

I'm not sure whether the Welsh Dragon shares enough of the low-level API to run it as it is, but it probably would not require much to get it to run. (I do recognize the irony here. I do plan to try to get it running on the Dragon in appreciation.)
ウェールズのドラゴンで稼働できるかどうかは、低レベルの接触面がどれほど共通になっているかに因るのです。未だ調べていないところですが、それほど難な仕事ではないと思います。(その皮肉がわかります。申し訳ありません。龍に稼働させることは計画に入れています。)

It should be fairly easily portable to other computers which use the 6809 as the main CPU.
他の 6809 を主CPU とするコンピュータに移植するのはそれほど難しくないと思います。

The parts that need primary attention when moving it to another computer using the 6809 are character input and output and disk input and output.
6809を利用する他のコンピュータに移植する際に弄らないといけないところは文字入出力およびディスク入出力です。

The 6847-dependent 32 column small-screen editor will also take some work, or you probably should trade it for a proper Forth Screen editor anyway.
6847依存の 32桁小型スクリーンエディタにも若干の手入れが必要でしょう。或いは、通常の Forth スクリーン型エディタを替りに使うことをお薦めします。

The XRoar Emulator


I used the Dragon's excellent XRoar (https://www.6809.org.uk/xroar/) emulator to bring this all back up, so I will describe how I did that.
これらを復活させるに使ったのはそのとてもすばらしい龍の XRoarエミュレータでした。それを想定に話を進みます。

I downloaded the XRoar archive (.tar.gz), unpacked it in its own directory, and did the usual configure-make routine described therein, but I did not do a make-install.
いつもの通り、(.tar.gzの)アーカイブをダウンロードし、専用のディレクトリに解凍、その中に説明される configure-make の手順に従ったが、 make-install はやめたのです。

That means I have to specify the path when running it, something like this:
要するに稼働させるのは以下のようにパスを指定しないといけません。
../../xroar-0.35.3/src/xroar -machine coco2bus -bas ../../roms/Color\ Basic\ v1.3\ \(1982\)\(Tandy\).rom -extbas ../../roms/Extended\ Colour\ Basic\ v1.0\ \(1981\)\(Tandy\)/coco.rom -cart rsdos -cart-rom ../../roms/Color\ Computer\ Controller\ \(1982\)\ \(26-3022\).rom -keymap us -kbd-translate &


You choose your poison. You'll need to plan a bit of time to get used to running it, using disk images, etc. Make sure you figure out disk images.
好みに併せて進んで下さい。エミュレータの使い方に慣れるまでの時間が計画に入ります。ディスクイメージは特に理解しないといけません。

I won't describe the assembly language development environment here, at least, not yet.
アセンブリ語の関連については後回ししましょう。

Hardware  ハードウェア


If you have the hardware, you probably know what to do. Use your favorite method to write the above two images to floppy disks (or make emulated floppy disk images, as the case may be).
コンピュータ本体を持って要らしゃる場合は、お好みのやりかたでディスクイメージファイルをフロッピーディスクに書き込んで下さい。(あるいは、ディスクエミュレーション上のフロッピディスクイメージを作成します。)

The tools disk goes in the first drive (Color Computer drive 0).
その tools のディスクは最初のドライブ(Color Computer ドライブ 0)に、

The bifsource disk goes in the second drive (Color Computer drive 1).
その bifsource のディスクは二次のドライブ(Color Computer ドライブ 1)に挿入されます。

Launching and Running BIF-6809 --- BIF-6809 を稼働させる


Once you're used to the emulator, download BIF-6809 here and unpack it somewhere close to XRoar. Even if you do the make-install step, you'll want to be able to use reasonably short paths to point to the ROM images.
エミュレータに慣れたら、 BIF-6809 をここからダウンロードして XRoar の置き場の近くに解凍しましょう。 make-install やっても、ロムイメージまでのパスがやや簡単な場所が望ましく思います。

The Files You Need from Here  ここから要るファイル

Look here:
ここを見て下さい。

https://osdn.net/projects/bif-6809/scm/git/bif-6809/tree/master/

You can get the bleeding edge snapshot (which I recommend) by finding the ZIP and TAR export buttons and clicking the one appropriate to you. (If you're not sure, probably ZIP.)
(私が推薦します)最先端・血まみれ瞬間映像の塊を手に入れるのは ZIP 及び TAR エクスポートボタンを探して自分に適している方をクリックします。(わからない場合は恐らく ZIP でしょう。)

The files you want are
お狙いのファイルはサブディレクトリ edtasm_v の中の

  • tools.dsk
  • bifsource.dsk

in the edtasm_v directory.
です。

Or, if you really don't want the tarball, I think you can download them from the tree tree view, depending on ....
ターボールをダウンロードするのは嫌ですとする場合はもしかして(…の場合によって)ツリービューより直接ダウンロードできるかも知れません。

The disk image with the BIF-6809 executable is "bifsource.dsk" inside the edtasm_v subdirectory. Use the GUI dialogs or the command-line to attach the disk image to the second drive and check it in DISK Extended Basic:
BIF-6809の稼働可能ファイルは edtasm_v の中にある "bifsource.dsk" です。GUI のダイアログもしくはコマンドラインパラメータを使って、ディスクイメージを取り付けるのです。

XRoar: Tool menu => Drive Control (check)
The drive control dialog will pop up. In that, click the Insert button for Drive 2:
ドライブ管理ダイアログガ出ます。このダイアログでドライブ2の挿入ボタンをクリック:
XRoar Drive Control: Drive 2: Insert
A file open dialog pops up, allowing you to go hunting for the bifsource.dsk disk image. Select it and click "Open".
ファイルオープンのダイアログがでてきて、 bifsource.dsk が探せたら、セレクトして「開く」をクリック。

While we are here, click the Insert button for Drive 1, and select the "tools.dsk" disk image in the same directory so that error messages will be a little more than just numbers.
序に、ナマの番号より詳しいエラーメッセージが出せるようにドライブ1の挿入ボタンもクリックし、同じディレクトリにある "tools.dsk" のディスクイメージを選んで取り付けましょう。


Loading and Running  導入及び稼働


Back in the Color Computer or emulator, type this in BASIC:
カーラーコンピュータもしくはそのエミュレータに戻って、ベーシックに打ち込むのは
DIR 1
You should get a listing that runs off the top of the screen.
画面の上から流れて消えてしまうリストが出てくるはずです。
...
BIF6B        ASM   3 A 3
BIF6809N  BIN    2 B 4
BIF7          ASM   3 A 3
BIF7B        ASM   3 A 2
BIF6809    BIN     2 B 4
OK


And you get the flashing cursor. Now type
カーソルがまた点滅します。これで打ち込むのは
LOADM "BIF6809.BIN:1"
It takes a minute or so, then the OK prompt and the flashing cursor return. Type:
およそ一分が掛かると思います。 OKの刺激文字と点滅するカーソルが戻ってきたら打ち込むのは
EXEC &H1300
And it should respond with
反応は
6809 BIF V1.0
and a white cursor that does not flash.
に、点滅しない白いカーソル、なはずです。



To check that it is running, type
稼働しているかを確認するために以下を打ち込んで下さい:
VLIST
You should get a long list of vocabulary and addresses that ends with
単語集のリストが流れ込むはずです。その末尾にあれば良いのは
[ 8715
[COMPILE] 12832
] 8738
  OK



To further check, you might try typing a simple definition or two:
更に確認するために、簡単な定義を打ち込んで試みては如何ですか?
:  STAR  42  EMIT  ;
To see if it worked, type "STAR" and enter and it should give you an asterisk: "*".
定義が利いたかを診るに "STAR" と改行を打ちこめば、アステリスクが出てくるはずです: "*"

OK
STAR
*


One more:
あと一つ:
:  STARS  0  DO  STAR  LOOP  ;
then type
はい、それに打ち込むのは
10  STARS
and
そして
**********  OK


Says your interpreter is at least sort-of functioning.
が出てくればインタープリターがある程度動いている証拠です。
 
If you know Forth, this should be enough to get you going.
Forth にある程度精通している方はこれで多分使えると思います。

The How to Use page (https://osdn.net/projects/bif-6809/howto/usage) may also be of use.
使い方のページ(https://osdn.net/projects/bif-6809/howto/usage)も役に立つかも知れません。

If you have problems, leave me a note in the HELP forum. (It may take me a few days to respond.)
巧く行けなかったらヘルプのフォーラムでお知らせ下さい。(返事を返すのは数日掛かる場合もあります。すみません。)