ダウンロードリスト

プロジェクト概要

AzukiはC# 2.0で書かれたフリーのテキストエディタエンジンです。.NET Framework 2.0以上、または.NET Compact Framework 2.0以上で動作します。主に次のような特徴があります。 .NET Compact Framework で動作する 日本語の単語をちゃんと扱える プロポーショナルフォントに対応 Unicode の全文字を扱える(UTF-16のサロゲートペア、結合文字シーケンス、異字体セレクタにも対応) シンタックスハイライトに対応 行の折り返し表示に対応(禁則処理対応、ピクセル単位) 正規表現を使った検索機能に対応

リリース時刻: 2016-08-27 22:35
latest 1.7.13

名前 サイズ ハッシュ 日付 ダウンロード数
Azuki-1.7.13-api-chm.zip 921.0 KB 2016-08-27 22:35 124
Azuki-1.7.13-api-web.zip 2.6 MB 2016-08-27 22:35 97
Azuki-1.7.13-bin.zip 447.4 KB 2016-09-19 11:33 200
Azuki-1.7.13-src.zip 388.4 KB 2016-08-27 22:35 204

リリースノート

Fixed a problem that underlines (of UnderlineTextDecoration) will not be drawn properly as the value of LinePadding property becomes large.

(Accidentally, originally uploaded Azuki-1.7.13-bin.zip contains exe/dll files built in DEBUG mode. The file was replaced with a proper file which contains Release build binaries, at Sep. 19, 2016. If you have downloaded the zip-archive before the date, please download it again. I'm sorry for your inconvenience.)

行間が広がると UnderlineTextDecoration(下線)の描画が不正になる問題を修正しました。

(最初にアップロードしていたAzuki-1.7.13-bin.zipは誤ってデバッグビルドのファイルを含んだものでした。2016年9月19日にZIPファイルを差し替えましたので、その日よりも前にダウンロードされていた方はお手数ですが再ダウンロードをお願いします。ご不便をおかけして申し訳ありません。)

変更履歴

1.7.13 (2016-xx-xx)

  • fix: The underline of UnderlineTextDecoration will not be drawn properly when LinePadding is not small (Ticket #36590, Special thanks: nabebanosdn)

1.7.12 (2014-11-15)

  • fix: [Ann] Horizontal scroll position becomes invalid and can't control under rare condition. The condition is, firstly, line-wrapping mode was on and the caret is at end of a long line in a file last time Ann quit, and secondly, Ann was launched with the file. (Ticket #34071, Special thanks: himajin100000)
  • fix: Executing block un-indentation to a line without an EOL code which contains whitespaces only causes an exception. (Special thanks: kakowee)

1.7.11 (2014-07-19)

  • mod: Now IUserInterface.UnindentsWithBackspace is false by default. (The behavior of this mode is not natural in most cases except editing some languages such as Python.)
  • fix: If IUserInterface.UnindentsWithBackspace is true, pressing backspace key while caret is in an empty line could not delete the line. (Special thanks: Frankie)

1.7.10 (2014-06-07)

  • add: Added AutoIndentHooks.Python; an auto-indentation logic for Python
  • add: Now pressing Backspace key unindents the line when the caret is at end of a line which ends with whitespace (Can be turned off by IUserInterface.UnindentsWithBackspace)
  • fix: Changing ViewType resets AzukiControl.ScrollsBeyondLastLine to true (Special thanks: dck)

1.7.9 (2014-02-08)

  • fix: Dragging mouse on line number area does not expand selection properly under specific condition (Special thanks: Bracketter)
  • fix: Resizing AzukiControl whose vertical scroll bar is not visible forces the scroll bar visible (Special thanks: rokos)

1.7.8 (2013-09-22)

  • add: Now a matched bracket of a bracket before the caret is also highlighted
  • add: Added AzukiControl.ScrollPos property to set/get scroll position
  • add: Now selecting text does not change its foreground color if ColorScheme.SelectionBack is Color.Transparent.
  • add: Now IVS (Ideographic Variation Sequences) can be treated as one character
  • mod: Now moving caret near border by mouse operation does not scroll the viewport
  • fix: Built-in highlighter for batch file could not highlight complex variable properly (ex. %DATE:/=%)
  • fix: Now WatchPattern whose pattern is an empty string can be used with Document.WatchPattern to unmark text (more efficient than unmarking entire document at once)
  • fix: Document.WatchPattern does nothing if the document contains only one line (Special thanks: Bracketter)
  • fix: Document.WatchPattern throws an exception if there is a text line which contains the two or more watching patterns (Special thanks: rokos)
  • fix: Improved performance of extracting strings from Document (Special thanks: Bracketter)

1.7.7 (2013-07-20)

  • fix: Under rare condition, the very first character in a newly opened document will be highlighted as a "matched bracket."
  • fix: Built-in diff highlighter highlights a line like "+ aaa:" not as a inserted line but as a comment line
  • fix: Nested call of group UNDO (Document.BeginUndo and Document.EndUndo) does not work properly
  • fix: [Ann] Now newly created documents never be recorded in MRU history (recently opened documents.)
  • fix: [Ann] An exception occures on opening a file if recorded caret position was invalid in the file

1.7.6 (2013-07-07)

  • add: Added VScroll event and HScroll event for AzukiControl (IUserInterface)
  • mod: Renamed Document.GetTextInRange(ref int, ref int) to Document.GetTextInRangeRef so that VB.NET can call the method correctly.
  • fix: Deleting a marked segment causes internal problem which may cause an exception
  • add: [Ann] Now Ann remembers recently opened file's path and caret position
  • add: [Ann] Added UTF-8 + BOM, UTF-16LE + BOM, and UTF-16BE + BOM to encoding menu
  • fix: [Ann] Reloading newly created document raises an exception

1.7.5 (2013-02-17)

  • add: Added Action.TrimTrailingSpace which removes whitespaces from end of selected lines
  • add: Added Action.TrimLeadingSpace which removes whitespaces from beginning of selected lines
  • add: Added Action.ConvertTabsToSpaces which replaces every tab characters in selection range to equivalent amount of space characters
  • add: Added Action.ConvertSpacesToTabs which replaces space characters in selection range to tab characters as much as possible
  • fix: Group undo action will not be stacked if it has no effect at all
  • fix: LaTeX highlighter may not update highlight of headings
  • fix: An exception occurs every time a non-GUI thread ends (this was the reason of the exception thrown just after a printing)
  • fix: Does not scrolls to caret if caret does not move by pressing an arrow key, and if Azuki is in read-only mode
  • fix: A graphical glitch happens under specific condition (this never happens in line-wrapping mode)
  • add: [Ann] Added feature to remove spaces from end of each selected lines (shortcut key is Ctrl+Shift+R)
  • add: [Ann] Added feature to remove spaces from beginning of each selected lines (shortcut key is Ctrl+Shift+L)
  • add: [Ann] Added feature to convert tab characters in selected text to equivalent amount of spaces (shortcut key is Ctrl+Shift+P)
  • add: [Ann] Added feature to convert space characters in selected text to tab characters as much as possible (shortcut key is Ctrl+Shift+T)
  • add: [Ann] Added feature to reload files using specified Japanese character encodings
  • add: [Ann] Added feature to change character encoding to be used on saving files
  • fix: [Ann] Now Backspace key can be used in goto line dialog
  • fix: [Ann] Could not open files with name contains a comma by launching another Ann.exe
  • fix: [Ann] Now opening files triggered by launching another Ann.exe is much stable

1.7.4 (2012-12-22)

  • add: Added a highlighter for Diff/Patch file format
  • add: Added KeywordHighlighter.HighlightsNumericLiterals property which can turn off or on whether to highlight numeric literals by its built-in logic
  • fix: Block-indent action now ignores empty lines
  • fix: [Ann] Now Ann can edit its own configuration file (Ann.ini)
  • fix: [Ann] Fixed problem that Ann opens .c file as .cmd file (MS-DOS batch file type.)

1.7.3 (2012-11-29)

  • add: Added PythonHighlighter
  • add: Added BatchFileHighlighter
  • add: JavaScript highlighter now recognizes regular expression literals better (ex. highlights c=/e+f/g but doesn't highlight c=d/e+f/g)
  • add: Added an overload method of KeywordHighlighter.AddRegex which takes one CharClass and applies it to matched patterns
  • add: Now KeywordHighlighter can use "ignore case" option for matching enclosure and line highlight
  • mod: Changed color of regular expression literals of default color set
  • fix: KeywordHighlighter doesn't stop highlighting if no closing pattern of non-multiline enclosures was found (problem since 1.7.1)
  • fix: If certain condition is met, KeywordHighlighter doesn't stop highlighting even if a closer of multi-line enclosure was found (problem since 1.7.1)
  • fix: KeywordHighlighter highlights text patterns matched with regular expressions even if it's in an enclosed part (problem since 1.7.2)
  • fix: Highlighting completely new document or removing very last part of document causes an exception (problem since 1.7.0)
  • fix: Reduced unnecessary calculation on drawing a very long word (because of this, drawing text in a binary file oftenly slow)
  • add: [Ann] Added "Goto line" feature
  • add: [Ann] Added feature to highlight Python files
  • add: [Ann] Added feature to highlight MS-DOS batch files
  • mod: [Ann] Now font color of number literals are red
  • fix: [Ann] Caret position was reset when a document which is opened already is opened

1.7.2 (2012-11-10)

  • add: Now KeywordHighlighter can use regular expression
  • add: Added IniHighlighter for highlighting .ini / .properties file format
  • add: Added JavaScriptHighlighter
  • add: Now CSharpHighlighter highlights preprocessor directive even if a sharp sign and keyword are separated with white spaces
  • add: Added Document.GetLineEndIndexFromCharIndex method
  • fix: Switching highlighter while the document is empty raises an exception
  • add: [Ann] Added feature to highlight .ini / .properties files
  • add: [Ann] Added feature to highlight JavaScript files
  • mod: [Ann] Changed how to display information about caret position and selection

1.7.1 (2012-11-01)

  • fix: Placing a token which is similar to the closer of an Enclosure (of KeywordHighlighter) at the end of file causes an exception.
  • fix: [Ann] Ann recognizes a file without an extension as a LaTeX file.

1.7.0 (2012-10-29)

  • add: Speeded up highlighting logic (optimized delay time, and optimized text range to highlight)
  • add: Improved performance of built-in highlighters (now they never scan characters beyond end of the range to be highlighted)
  • add: Added feature to watch for text patterns and mark them automatically with specified marking ID (text patterns can be specified with regular expression)
  • add: Now XML highlighter recognizes CDATA sections
  • add: For marking feature, added BgColorTextDecoration class which overrides default background color
  • add: The feature to highlight matching bracket can be disabled through AzukiControl.HighlightsMatchedBracket
  • add: Now 32 different marker IDs can be used at same time (in previous version, 8 marker IDs can be used at most)
  • add: Added ShowsVScrollBar property to AzukiControl to change visibility of vertical scroll bar
  • add: [Ann] Text search targets in the document is now emphasized visually (after the search condition was fixed)
  • add: [Ann] When user selects text, Ann displays number of char/bytes currently selected on status-bar
  • add: [Ann] Ann opens all file paths which were given as command line arguments
  • mod: Rotating mouse wheel towards the user while pressing Ctrl key now means zoom-out (previously it meant zoom-in)
  • mod: Removed meaningless Flags attribute from LineStyle enumeration
  • mod: Now calling Document.Mark and Document.Unmark for an empty range (beginning position equals to endding position) never causes an exception
  • mod: Changed value of the marking ID for built-in URI marker from 0 to 31
  • fix: In line-wrapping mode, horizontal ruler will be drawn as if it is a part of the dirt-bar when the first visible screen line is not the fisrt screen line of a logical line

1.7.13 (2016-xx-xx)

  • fix: 行間が広がるとUnderlineTextDecoration(下線)の描画が不正になる問題を修正 (Ticket #36590, nabebanosdnさんに感謝)

1.7.12 (2014-11-15)

  • fix: [Ann] 折り返しモード有効状態で任意のファイル中の長い行の末尾にキャレットを置いて終了し、そのファイルをコマンドライン引数に指定して起動すると水平方向のスクロール位置が不正な状態になり、正常に操作できない問題を修正(チケット #34071, himajin100000さんに感謝)
  • fix: 逆ブロックインデントを空白文字だけを含んだ最終行に実行すると例外が発生する問題を修正(kakoweeさんに感謝)

1.7.11 (2014-07-19)

  • mod: IUserInterface.UnindentsWithBackspaceは標準で無効化するように仕様変更(このモードの動作はPythonなどの適した言語以外では不自然に感じる)
  • fix: IUserInterface.UnindentsWithBackspaceを有効化すると空行をバックスペースキーで削除できない問題を修正(Frankieさんに感謝)

1.7.10 (2014-06-07)

  • add: Python用の自動インデントフックAutoIndentHooks.Pythonを追加
  • add: 空白で終わる行の末尾でBackspaceキーを押すと逆インデントするように改善(IUserInterface.UnindentsWithBackspaceで機能無効化可能)
  • fix: ViewTypeを切り替えるとAzukiControl.ScrollsBeyondLastLineがtrueにリセットされてしまう問題を修正(dckさんに感謝)

1.7.9 (2014-02-08)

  • fix: 特定条件下で、行番号エリアのマウスドラッグによる選択範囲拡張が正常動作しない問題を修正(ブラケッターさんに感謝)
  • fix: 垂直スクロールバーを非表示にしたAzukiControlのサイズを変更すると垂直スクロールバーが表示状態に切り替わってしまう問題を修正(rokosさんに感謝)

1.7.8 (2013-09-22)

  • add: キャレットの前にカッコがある場合にもそれに対応するカッコをハイライトするように
  • add: AzukiControl.ScrollPos でスクロール位置を取得・設定できるように
  • add: ColorScheme.SelectionBack を Color.Transparent にすると、文字列を選択しても文字色が変わらないように修正
  • add: Unicodeの異字体シーケンスに対応(シーケンス全体を一つの文字として扱えるようにした)
  • mod: マウス操作によりキャレットが表示域の境界付近に移動しても自動スクロールしないように改善
  • fix: 組み込みのバッチファイル用ハイライターが複雑な変数表記を正しくハイライトしない問題を修正(例: %DATE:/=%)
  • fix: Document.WatchPattern に監視パターンが空文字列である WatchPattern を指定することで特定IDのマークを解除可能に(ドキュメント全体を一括でマーク解除するより効率的)
  • fix: ドキュメントに一行しか無い場合 Document.WatchPattern が正常にマーキングを更新しない問題を修正(ブラケッターさんに感謝)
  • fix: Document.WatchPattern が、複数の監視対象パターンを含む行があると例外を投げる問題を修正(rokosさんに感謝)
  • fix: Documentからのテキスト取得処理のパフォーマンスを向上(ブラケッターさんに感謝)

1.7.7 (2013-07-20)

  • fix: 条件がそろうと開いた直後のドキュメントで最初の文字が「対応するカッコ」としてハイライトされる問題を修正
  • fix: 内蔵 Diff ハイライターが "+ aaa:" といった行を追加行ではなくコメント行としてハイライトしてしまう問題を修正
  • fix: グループUNDOを入れ子で実行すると正常動作しない問題を修正
  • fix: [Ann] 最近開いたファイルの場所として未保存ドキュメントの履歴が残ってしまう問題を修正
  • fix: [Ann] 最近開いたファイルとして記録してあったキャレット位置がそのファイルで存在しない位置だと例外が発生する問題を修正

1.7.6 (2013-07-07)

  • add: AzukiControl (IUserInterface) に VScroll イベントと HScroll イベントを追加
  • mod: Document.GetTextInRangeの参照渡し版をDocument.GetTextInRangeRefに名前を変更(こうしないとVB.NETから呼べないため)
  • fix: マークした箇所を削除すると内部的な異常状態になり例外を誘発する問題を修正
  • add: [Ann] 最近開いたファイルの場所と最後にキャレットがあった位置を記憶するように
  • add: [Ann] 文字コードメニューにUTF-8 + BOM, UTF-16LE + BOM, UTF-16BE + BOM を追加
  • fix: [Ann] 新規作成した文書で文字コードを指定したリロードを行うと例外が発生する問題を修正

1.7.5 (2013-02-17)

  • add: 選択行から行末の空白文字をまとめて削除する Action.TrimTrailingSpace を追加
  • add: 選択行から行頭の空白文字をまとめて削除する Action.TrimLeadingSpace を追加
  • add: 選択範囲中にあるタブ文字を空白文字に変換する Action.ConvertTabsToSpaces を追加
  • add: 選択範囲中にある空白文字をタブ文字に変換する Action.ConvertSpacesToTabs を追加
  • fix: 効果が無いグループ UNDO は記録しないように
  • fix: LaTeXハイライタで見出しのハイライトが正常に更新されないことがある問題を修正
  • fix: 非GUIスレッドの終了時に例外が発生する不具合を修正(印刷処理直後に例外が発生していた原因)
  • fix: 読み取り専用モードで方向キーを押し下げた結果カーソル位置が変わらなかった場合、キャレット位置に画面がスクロースしない問題を修正
  • fix: 特定条件を満たすとゴミが表示される問題を修正(折り返しモードでは起こらない)
  • add: [Ann] Ctrl+Shift+R で選択行の行末にある空白文字をまとめて削除する機能を追加
  • add: [Ann] Ctrl+Shift+L で選択行の行頭にある空白文字をまとめて削除する機能を追加
  • add: [Ann] Ctrl+Shift+P で選択テキスト中のタブ文字を空白文字に変換する機能を追加
  • add: [Ann] Ctrl+Shift+T で選択テキスト中の空白文字をタブ文字に変換する機能を追加
  • add: [Ann] 日本語の文字エンコーディングを指定してファイルをリロードする機能を追加
  • add: [Ann] ファイル保存時に使う日本語文字エンコーディングを指定できるように
  • fix: [Ann] 指定行にジャンプするダイアログでバックスペースキーが使えない問題を修正
  • fix: [Ann] 別の Ann.exe の起動では、半角カンマを名前に含むファイルを開けない問題を修正
  • fix: [Ann] 別の Ann.exe の起動によるファイルを開く動作の安定性を改善

1.7.4 (2012-12-22)

  • add: Diff (Patch) ファイル用のハイライターを追加
  • add: KeywordHighlighter の数値リテラルをハイライトする内蔵ロジックを無効化できるプロパティ HighlightsNumericLiterals を追加
  • fix: ブロックインデントでは空行を無視するように修正
  • add: [Ann] Diff (Patch) ファイルをハイライト可能に
  • fix: [Ann] 設定ファイル(Ann.ini)をAnnで編集できるように修正
  • fix: [Ann] ファイル拡張子からファイル種別を判定する処理のバグを修正(.cファイルを.cmdと誤認識する)

1.7.3 (2012-11-29)

  • add: Python 用のハイライターを追加
  • add: MS-DOSバッチファイル用のハイライターを追加
  • add: JavaScript 用ハイライターが正規表現リテラルをより厳密に扱うように(例:c=d/e+f/gはハイライトしないがc=/e+f/gはハイライトする)
  • add: 一つの CharClass を引数に取り、それを正規表現全体に適用する KeywordHighlighter.AddRegex メソッドのオーバーロードを追加
  • add: キーワードハイライターの「囲い」と行ハイライトの両方で、大文字小文字を区別しないオプションを追加
  • mod: 標準配色のうち正規表現リテラルの色を変更
  • fix: キーワードハイライターが、非複数行の「囲い」の終端パターンが見つからなかった場合でもハイライトを続けてしまう問題を修正(1.7.1以降の不具合)
  • fix: キーワードハイライターが、複数行の「囲い」のハイライト中に一定条件を満たすとファイル末尾までハイライトしてしまう問題を修正(1.7.1以降の不具合)
  • fix: キーワードハイライターが、「囲い」の中にあるパターンまで正規表現ハイライトの対象としてしまう問題を修正 (1.7.2以降の不具合)
  • fix: 真新しいドキュメントをハイライトすると例外が発生する問題を修正 (1.7.0以降の不具合)
  • fix: 非常に長い単語と認識される文字列を表示する際の無駄を軽減(バイナリファイルを開くと妙に重たい原因)
  • add: [Ann] 指定した行にジャンプする機能を追加
  • add: [Ann] Python スクリプトをハイライト可能に
  • add: [Ann] MS-DOSバッチファイルをハイライト可能に
  • mod: [Ann] 数字リテラルの配色を赤色に変更
  • fix: [Ann] すでに開いているファイルを開いた場合にカーソルがファイル先頭に戻ってしまう

1.7.2 (2012-11-10)

  • add: 正規表現でのハイライト機能をキーワードハイライターに追加
  • add: INI / .properties ファイル形式用のハイライター IniHighlighter を追加
  • add: JavaScript 用のハイライターを追加
  • add: C# のプリプロセッサディレクティブが # とキーワードの間に空白があってもハイライトするように
  • add: Document.GetLineEndIndexFromCharIndex メソッドを追加
  • fix: ドキュメントが空の状態でハイライターを変更すると例外が発生する問題を修正
  • add: [Ann] INI (.properties)ファイル形式をハイライト可能に
  • add: [Ann] JavaScript ファイルをハイライト可能に
  • mod: [Ann] キャレット位置・選択範囲についての情報表示方法を変更

1.7.1 (2012-11-01)

  • fix: キーワードハイライターの Enclosure の「閉じ」と似た文字列をファイル末尾に置くと例外が発生する問題などを修正
  • fix: [Ann] 拡張子の無いファイルを開くと LaTeX と認識される問題を修正

1.7.0 (2012-10-29)

  • add: ハイライト処理を高速化(遅延時間を最適化し、ハイライト対象範囲を最適化)
  • add: 組み込みハイライターのパフォーマンスを改善(ハイライトすべき範囲より後ろにある文字をスキャンしないように)
  • add: 指定された特定のテキストパターンを監視し、描画と同時に自動的にマークする機能を追加(テキストパターンは正規表現で指定可能)
  • add: XML ハイライターが CDATA セクションを解釈するように
  • add: AzukiControl.HighlightsMatchedBracket プロパティで対カッコのハイライト機能を無効化できるように
  • add: 背景描画色を変更する BgColorTextDecoration (マーカー機能用)を追加
  • add: マーカーを 32 種類まで同時に使えるように拡張(以前は最大 8 種類)
  • add: 垂直スクロールバーの表示・非表示を決定する ShowsVScrollBar プロパティを AzukiControl に追加
  • add: [Ann] テキスト検索の対象を強調表示するように(検索条件確定後に強調表示)
  • add: [Ann] テキスト選択中に、選択している文字数・バイト数をステータスバーで表示するように
  • add: [Ann] コマンドライン引数に指定された複数のファイルパスのすべてを開くように
  • mod: Ctrl キーを押しながらマウスホイールをユーザに向かって回転させると画面を縮小するように(これまでは拡大していた)
  • mod: LineStyle 列挙子に無意味な Flags 属性を付けないように
  • mod: Document.Mark と Document.Unmark を空範囲(開始位置と終了位置が同じ)に対して呼び出しても例外を投げないように
  • mod: 内蔵 URI マーカーが使う URI 用のマーキング ID の値を 0 から 31 に変更
  • fix: 折り返しモードで水平ルーラーが DirtBar として描画されてしまう問題を修正(ウィンドウ最上に描画されているスクリーン行が、それを含む論理行のうち最初のスクリーン行でない場合のみ)