atMAME32kpp の使い方

(1)このエミュについて
こんにちは。
ダウンロードありがとうございます。
このエミュレータ「atMAME32kpp」はカイレラに対応している「MAMEppk」を
ベースに色々改変や改良を行ったMAMEです。
(2)ディレクトリ内容
atmame32kppフォルダ …atMAME32kppのソースコードが入っています。
binフォルダ …atMAME32kppの実行ファイル
とatMAME32kppの起動に必要なファイル群が
 入っています。
atMAME32kppを起動する場合は、
binフォルダにあるatMAME32kppkui.exe
(64ビット版はatMAME32kppkui64.exe)を
ダブルクリックしてください。
バイナリが入っていない場合はコンパイルしてから、
atMAME32kppkui.exeをbinフォルダにコピーしてから起動してください。
(3)コンパイル方法
コンパイルといっても難しくないので、
ぜひチャレンジしてみてください。
1.atmame32kppフォルダの中にあるmingw-mame-20110519.exeを
起動して好きなところに解凍してください。
2.コマンドプロンプトを起動してください。
3.set path=<mingw-mame-20110519.exeを解凍したディレクトリ>\bin とタイプしてください。
4.cd <atMAME32kppを解凍したディレクトリ\atmame32kpp> とタイプしてください。
5.makeとタイプしてください。
以上でコンパイルが始まります。
(4)免責事項
このソフトで起こった問題は開発者は一切の責任を負わないものとします。
自己責任でお使いください。