プロジェクトの説明 開発情報 Webページ レビューする

Java用の、日本向け万年暦カレンダー処理を行うための開発ライブラリです。
平成などの年号や、年度や締め日判定、過去(明治時代)から現在にかけての祝日(山の日、振替休日や春分の日、ハッピーマンデー含む)の取得が可能です。
また、旧暦や六曜(または六輝)、干支(年・月・日・時)、九星(年・月・日・時)、惑星位置と星座の取得も可能です。
ユリウス通日(ユリウス日)を使用するため、物理的に表現可能な日時範囲が大きい事も特徴です。
漢数字での表現など、日時の書式化機能や文字列の全角半角変換・判定機能も持ちます。

サンプルソースやAPI仕様は http://ajd4jp.osdn.jp/ を参照して下さい。

システム要件

各種情報は http://ajd4jp.osdn.jp/ を確認して下さい。

DEファイルは、ajd4jp.orreryパッケージ(惑星位置計算パッケージ)で必要となるファイルですが、それ以外の機能を利用する場合は不要です。

Java6環境下で実行可能です。

ダウンロード

レビュー
あなたの評価
レビューする

統計情報

2016-02-03 01:13
ぱおさんによるレビュー

評価:
(2 人中 1 人がこのレビューが参考になったと答えています)
九星の盤を出すのに重宝しております。 これだけのプログラムは他にありません。
長所
とても素晴らしいクラスライブラリです。 ありがとうございます。
短所
1.3.4.2015のヴァージョンですが、 九星の月盤(中宮)につきまして、 2029/2/3 の月盤(中宮)本来は九紫火星のところ⇒六白金星となってしまう。 2025/2/3 の月盤(中宮)本来は三碧木星のところ⇒九紫火星となってしまう。 と、(九星)月盤が誤ったデータを返してきます。 2/3や2/4の時間によって、月盤のデータがおかしくなるのかもしれません。 過去のヴァージョンも、2/4の節分の切り替わり付近(2/4または2/3)の月盤の九星(中宮)が誤ったデータを返す場合(年によって)がありました。 この点、ご対応頂ければ誠に嬉しい限りです。
レビュー一覧

最新の動き

2017-04-05
23:14
AJD4JP 日本専用カレンダー処理 Javaクラスライブラリ
23:14
AJD4JP 日本専用カレンダー処理 Javaクラスライブラリ
23:04
AJD4JP 日本専用カレンダー処理 Javaクラスライブラリ
2016-12-04
00:37
AJD4JP 日本専用カレンダー処理 Javaクラスライブラリ
00:37
AJD4JP 日本専用カレンダー処理 Javaクラスライブラリ
活動履歴を見る